薪ボイラーのハウスで野菜栽培

 みなべ町の住民で結成する清川地区里山活用研究会 (石上進会長) は、 薪 (まき) ボイラーをハウス栽培に活用した野菜づくりに取り組んでいる。 一般的に燃料に使用する重油の代わりに、 流木などの廃材を利用するという試み。 コストが抑えられるなどのメリットがあり、 石上会長 (56) は 「いまは試験的に実施している段階だが、 うまくいけば地元で燃料を確保できる」 と話している。
 清川地区は山間部にあり気温が低いことや日照時間が少ないことから、 現在はほとんどハウス栽培が行われていない。 県の 「過疎集落支援総合対策事業」 をきっかけに、 「地元の森林材を活用してハウス栽培に取り組んでいけないか」 と、 昨年末に清川地区の住民7人で研究会を発足。 県の補助を受けて施設整備を進め、 清川住宅近くに薪ボイラーを活用したビニールハウス (面積150平方㍍) を設置した。 ハウス内の土壌に配管を埋め込んで水を通し、 ボイラーの熱で温めるという方法。 燃料は間伐材などの廃材で、 現在は、 おととしの台風12号災害で発生した流木などを活用している。 基本的に、 夜間に3回にわたって燃料を投入し、 地熱を20度程度に保つようにしている。 メリットは重油などの燃料を使用しないため、 低コストで野菜などの栽培ができる。 設置費は約170万円、 ボイラーは約90万円程度。 ホウレンソウ、 ネギ、 インゲンを試験的に栽培しており、 順調に進めば2月ごろには収穫できる。 石上会長は 「灯油を使わないため低コストなうえ、 二酸化炭素の排出も抑えられる」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る