負の連鎖を繰り返すな

 わが子を虐待してしまう親も、幼少期に虐待を受けた経験がある、いわゆる「虐待の世代間連鎖」。もちろんすべてに当てはまるわけではないが、子どもは親から受けた攻撃的な養育方法を学習し、自分が子育てをするときに学習したことが現れてしまうのが一つの要因ともいわれている。悲しい連鎖で、暴力は暴力しか生み出さないという表れであろう。子どもは親の背中を見て育つ、親に限らず子どもたちは大人たちの態度を見て、良くも悪くもそれが当たり前だと学習する。大人には、それだけの責任があることを自覚しなければと、自戒を込めてあらためて思う。
 ましてや教育者となるとなおさらだ。連日報道されている大阪市立桜宮高校の男子生徒が、顧問から体罰を受けた翌日に自殺した問題。報道を見聞きする限り体罰というものではなく、厳しさの意味をはき違えた暴行としか受け止められない。この顧問もまた、学生時代に同じような指導を受けたのだろうか。筆者もこれまで、信頼関係を築いた上での多少の愛のムチはあってもいいと思っていたが、今回の問題を受け、そういう安易な大人の考え方を変えなければ社会環境は変わらないという思いを強くした。いまも嫌と言えず苦しんでいる子どもたちが将来、同じことを繰り返さないためにも。
 先日、元プロ野球選手の桑田真澄さんが朝日新聞の紙面で「中学まで毎日のように練習で殴られ、嫌だった」「体罰を受けなかった高校時代に一番成長した」と話していた内容に同感した。体罰についての考え方は一人一人違う。同じように子どもたちも性格や考え方は皆違う。一人一人を伸ばす指導がいわれている中、変われない教育者は取り残されていくだろう。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る