負の連鎖を繰り返すな

 わが子を虐待してしまう親も、幼少期に虐待を受けた経験がある、いわゆる「虐待の世代間連鎖」。もちろんすべてに当てはまるわけではないが、子どもは親から受けた攻撃的な養育方法を学習し、自分が子育てをするときに学習したことが現れてしまうのが一つの要因ともいわれている。悲しい連鎖で、暴力は暴力しか生み出さないという表れであろう。子どもは親の背中を見て育つ、親に限らず子どもたちは大人たちの態度を見て、良くも悪くもそれが当たり前だと学習する。大人には、それだけの責任があることを自覚しなければと、自戒を込めてあらためて思う。
 ましてや教育者となるとなおさらだ。連日報道されている大阪市立桜宮高校の男子生徒が、顧問から体罰を受けた翌日に自殺した問題。報道を見聞きする限り体罰というものではなく、厳しさの意味をはき違えた暴行としか受け止められない。この顧問もまた、学生時代に同じような指導を受けたのだろうか。筆者もこれまで、信頼関係を築いた上での多少の愛のムチはあってもいいと思っていたが、今回の問題を受け、そういう安易な大人の考え方を変えなければ社会環境は変わらないという思いを強くした。いまも嫌と言えず苦しんでいる子どもたちが将来、同じことを繰り返さないためにも。
 先日、元プロ野球選手の桑田真澄さんが朝日新聞の紙面で「中学まで毎日のように練習で殴られ、嫌だった」「体罰を受けなかった高校時代に一番成長した」と話していた内容に同感した。体罰についての考え方は一人一人違う。同じように子どもたちも性格や考え方は皆違う。一人一人を伸ばす指導がいわれている中、変われない教育者は取り残されていくだろう。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る