受け継がれる芸の心

 大阪松竹座の初春大歌舞伎を鑑賞した。二代目市川猿翁 (三代目猿之助)、 四代目猿之助 (二代目亀治郎)、 九代目中車 (香川照之) の襲名披露だ◆家族が病気になってからほとんど劇場に行っていないが、「これだけは見なければ」 と固く決意していた。 13年前の御坊公演で歌舞伎の魅力を教えてくれたのが三代目猿之助。 脳こうそくで長い休養に入った2003年まで、 9作品を鑑賞した。 代表作 「義経千本桜」 の狐忠信では、 あの大きな体で重力とは無縁のようにかるがると跳びはね、 欄干の上をすーっと進む。 ファンタジーを体現しているようだった。 無邪気そのものの子供のような表情も忘れがたい◆ 「猿之助」の名を継いだのは甥の亀治郎。今回狐忠信を演じ、「吉野山」の最後で床を蹴って高々と跳びあがった。侍装束が解け、一瞬にして白い狐がそこに出現。重力からの解放を表現し、観客を夢の世界に遊ばせる。 それは三代目に通じる芸の境地だった◆そして長年の父との確執を超え、 46歳で歌舞伎界入りした実子の香川照之。 番付にあった 「父から受け継いだものは 『熱さ』」 の一文に胸を衝かれた。 猿之助歌舞伎の核となる芸の心が、この人にはすでにあると思った。 隣席の人は 「声の出し方が歌舞伎と違う」 と辛口評だったが、 さすがの存在感と気迫に可能性を感じた◆筆者が見に行った日、 残念ながら猿翁は体調不良で休演。 父子共演のはずだった演目では猿之助が代役を務め、 最後に従兄弟同士で握手を交わした。 「猿之助」 の精神はこの2人が確かに受け継いだのだと思った。 表現者として、 また伝統を背負う者としての2人の戦いを、 ずっと見守っていきたいと思っている。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る