インフルエンザにご用心

 自分がかかったから言うわけではないが、 診察を受けた医者によると、 日高地方でもインフルエンザがぼちぼち出始めているようである。 帰宅後やご飯前の手洗い、 うがいの励行、 マスクの着用、 人ごみを避けるなど、 それぞれ十分な注意をしていただきたい。
 インフルエンザはどうやって人から人にうつるのか。 感染経路はせき、 くしゃみの飛まつだけにとどまらず、 菌を持っている人が触れたものから菌をもらう接触感染、 同じ部屋などにいることで起きる空気感染もあり、 感染力が強烈なのである。 医者に言わせると 「無理して学校や会社にいっても菌をばらまくだけの話」 で、 熱が下がってから最低でも3日は人との接触を避けるべきだという。 しかし、 仕事柄そうもいってられない人もたくさんいるだろう。
 そこでインフルエンザ予防対策。 まず最も有効とされているのがワクチン接種。 ただ、 気をつけなければならないのは、 完全ではないこと。 医者によると、 予防接種をしても2割の人が感染してしまうらしい。 症状は予防接種していない人より軽いが、 軽い症状がゆえにインフルエンザと気付かないうちに感染を拡大させてしまう恐れがある。 ならばさらに予防方法は? ネットによると、 首からかける小型空気清浄機や放電で室内のインフルエンザ菌を完全に分解、 除去できる装置なんかもあるらしい。 「超心配な方には防護服」 とあったが、 ここまでやると日常生活に支障が出そう。 あと、 お茶のカテキンもインフルエンザの殺菌に効果があるそうだ。 何にしてもこれからのシーズン、 できる範囲で対策を取ろう    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る