インフルエンザにご用心

 自分がかかったから言うわけではないが、 診察を受けた医者によると、 日高地方でもインフルエンザがぼちぼち出始めているようである。 帰宅後やご飯前の手洗い、 うがいの励行、 マスクの着用、 人ごみを避けるなど、 それぞれ十分な注意をしていただきたい。
 インフルエンザはどうやって人から人にうつるのか。 感染経路はせき、 くしゃみの飛まつだけにとどまらず、 菌を持っている人が触れたものから菌をもらう接触感染、 同じ部屋などにいることで起きる空気感染もあり、 感染力が強烈なのである。 医者に言わせると 「無理して学校や会社にいっても菌をばらまくだけの話」 で、 熱が下がってから最低でも3日は人との接触を避けるべきだという。 しかし、 仕事柄そうもいってられない人もたくさんいるだろう。
 そこでインフルエンザ予防対策。 まず最も有効とされているのがワクチン接種。 ただ、 気をつけなければならないのは、 完全ではないこと。 医者によると、 予防接種をしても2割の人が感染してしまうらしい。 症状は予防接種していない人より軽いが、 軽い症状がゆえにインフルエンザと気付かないうちに感染を拡大させてしまう恐れがある。 ならばさらに予防方法は? ネットによると、 首からかける小型空気清浄機や放電で室内のインフルエンザ菌を完全に分解、 除去できる装置なんかもあるらしい。 「超心配な方には防護服」 とあったが、 ここまでやると日常生活に支障が出そう。 あと、 お茶のカテキンもインフルエンザの殺菌に効果があるそうだ。 何にしてもこれからのシーズン、 できる範囲で対策を取ろう    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る