GS2月危機 日高地方は回避

 改正消防法で埋設後40年以上経過したガソリンスタンド(GS)の地下タンクの改修期限が今月末に迫り、全国的に廃業が相次ぐことが懸念されているいわゆる「2月危機」。日高地方でも対象となる古いタンクは多数あるが、市、日高広域両消防によると廃業が続出する「危機」は免れそうな状況だ。それでも郡部では複合的な要因もあってすでに1店が廃業、営業形態の変更を余儀なくされている店舗もあり、影響は出ている。
 老朽化した地下タンクからガソリン等が漏れ出す事故が全国的に相次いだことを受け、 平成23年2月に施行された改正消防法では、 埋設してから40年以上 (タンクの種類や施工方法によって30年や50年などさまざま) 経過した地下タンクは、 油漏れを防ぐための改修や交換を義務付けた。 2年間の猶予期間が設けられたことから今月末が期限で、 措置を講じなければ違反の対象となる。 ただ、 改修費はタンク内のコーティングで1基当たり数百万円するなど高額な設備投資が必要。 経営者の高齢化や不景気のあおりで、 全国的にはとくに過疎地域を中心に廃業する店舗が増えている。 地域によってはガソリン不足や身近な供給源がなくなることが懸念され、 「2月危機」 といわれている。
 市、 日高広域両消防によると、 今月末が期限となる地下タンクは、 市内と郡部合わせて18施設ある。 市内では現時点ですべての施設で改修済みもしくは改修の見込みで、 廃業を考えている店舗はなし。郡部では、今月末で廃業を考えている店舗が1件あるという。 県内でも和歌山市内を中心に廃業が多くなっているが、 日高地方は危機的な状況ではないといえる。ただ、ほかの要因も重なったためとはいえすでに郡部の1店舗が廃業、 同じく郡部で地下タンクの使用をやめて容量は少なくなるが地上でのポータブルタンクで営業を続ける店舗も出ている。 地下タンクを改修して営業を続ける事業所にとっても大きな負担となっており、 大きな影響を与えている。
 すでに改修を終えた市内のスタンドでは 「大きな出費となるが、 事故防止に必要なこと」 と理解。 別の関係者からは 「事故防止のためなので改正消防法は仕方がない。 ただ、 燃料はガソリン税にさらに消費税がかけられる2重課税。 不景気な上、 ガソリンが高騰して経営が厳しい中、 負担を減らす施策を講じてくれれば消費者も事業者も少しは楽になる」などと、 国の対応を求める切実な声も聞かれている。
 消防担当者は 「いまのところ危機は回避といえるが、 1年、 2年、 数年先に対象となるタンクもまだたくさんあり、 楽観できる状況ではない。 事業者の方々には負担となりますが、 事故防止のために理解してほしい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る