JA紀州中央 15年連続で初荷目標額達成

 JA紀州中央(芝光洋組合長)は17日、組合員が新しく購入した農機具を届ける新春恒例の「初荷出発式」を行った。販売額は目標の4100万円を大きく上回り(金額非公開)、同JA合併以来15年連続で達成。不景気も吹き飛ばす組合員の生産意欲の高さと、同JAの足腰の強さを示した。市内の下財部トラクター組合(細田裕二代表)には芝組合長が直接届け、さらなる生産性向上へ激励した。
 ことし販売台数が最も多かったのは草刈り機・チェーンソーで13台。トラクターと田植え機が5台ずつ、コンバインと乾燥機も4台ずつと大型農機も好調だった。
 おととし9月の台風12号で管内の多くの生産者が被害を受けたことから昨年は出発式を中止しており、2年ぶりの開催となった。同JA本所駐車場で行われ、真新しいトラクターやコンバインを積んだトラック、法被姿の職員が整列。芝組合長は「15年連続して目標を達成できたのは、職員が日ごろから組合員と接し、信頼を得ているおかげ。農機具は高額で組合員の方々には大きな負担となるので、できるだけ長く使ってもらえるよう、アフターサービス態勢を万全にしてほしい。これからもJAを利用してよかったと思ってもらえるように頑張っていこう」とあいさつした。ジュースで乾杯したあと生産者の家へ勢いよく出発した。
 このうち、トラクター2台を購入した市内湯川町下財部の生産者10人でつくる「下財部トラクター組合」には、芝組合長が直接訪問。細田代表の代理としてメンバーの細田清さん(41)ら集まった4人に「日ごろからJAに協力いただきありがとうございます。これからも愛される農協を目指しますので、皆さんも新しい農機を使って頑張ってください」と激励した。同組合では農機具を共同所有しており、老朽化した1台の代わりに2台を購入。これまでより1台多い3台となった。細田さんは「新しいトラクターは使いやすそうで、メンバーの生産意欲もますます高まるでしょう。米や野菜農家が多く、1台増えた機動力を発揮して、これからも頑張りたい」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さまのお支えのおかげです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る