JA紀州中央 15年連続で初荷目標額達成

 JA紀州中央(芝光洋組合長)は17日、組合員が新しく購入した農機具を届ける新春恒例の「初荷出発式」を行った。販売額は目標の4100万円を大きく上回り(金額非公開)、同JA合併以来15年連続で達成。不景気も吹き飛ばす組合員の生産意欲の高さと、同JAの足腰の強さを示した。市内の下財部トラクター組合(細田裕二代表)には芝組合長が直接届け、さらなる生産性向上へ激励した。
 ことし販売台数が最も多かったのは草刈り機・チェーンソーで13台。トラクターと田植え機が5台ずつ、コンバインと乾燥機も4台ずつと大型農機も好調だった。
 おととし9月の台風12号で管内の多くの生産者が被害を受けたことから昨年は出発式を中止しており、2年ぶりの開催となった。同JA本所駐車場で行われ、真新しいトラクターやコンバインを積んだトラック、法被姿の職員が整列。芝組合長は「15年連続して目標を達成できたのは、職員が日ごろから組合員と接し、信頼を得ているおかげ。農機具は高額で組合員の方々には大きな負担となるので、できるだけ長く使ってもらえるよう、アフターサービス態勢を万全にしてほしい。これからもJAを利用してよかったと思ってもらえるように頑張っていこう」とあいさつした。ジュースで乾杯したあと生産者の家へ勢いよく出発した。
 このうち、トラクター2台を購入した市内湯川町下財部の生産者10人でつくる「下財部トラクター組合」には、芝組合長が直接訪問。細田代表の代理としてメンバーの細田清さん(41)ら集まった4人に「日ごろからJAに協力いただきありがとうございます。これからも愛される農協を目指しますので、皆さんも新しい農機を使って頑張ってください」と激励した。同組合では農機具を共同所有しており、老朽化した1台の代わりに2台を購入。これまでより1台多い3台となった。細田さんは「新しいトラクターは使いやすそうで、メンバーの生産意欲もますます高まるでしょう。米や野菜農家が多く、1台増えた機動力を発揮して、これからも頑張りたい」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る