人生の記念にいま 20才

 14日は成人の日。日高地方では4日に日高、 美浜、 みなべの3町、 13日に御坊、 由良、 印南、日高川の4市町で成人式が行われ、 950人が大人の仲間入りを果たした。 新成人らは首長らから激励を受け、代表者が誓いの言葉を述べるなど大人としての自覚と責任、 未来への希望を胸に決意を新たにしていた。 女性陣は、 晴れやかな振り袖姿で会場を彩ったが、 本紙では、 毎週水曜10面の企画 「いま20才」 のコーナーで、 まばゆいばかりに輝かしいそんな年代の女性を長年にわたり紹介している。
 10面の企画コーナーだが、 記者全員で持ち回りの 「うちのおじいちゃん」 を除いては各コーナーともおおむね2、3人が担当している。筆者の場合は、木曜の「心に光る歌ひとつ」と土曜の 「WEEKLY
 CINEMA GUIDE」にこの 「いま20才」。取材に訪れた日高川町の成人式には、「いま20才」で掲載させてもらった新成人も。 友達との再会を喜び、 会話に花を咲かせたり、 記念撮影をするなどしていたが、 そんな姿を見ていると筆者までうれしい気持ちになった。 この日、知人の協力などもあって新たに数人の新成人を取材することができた。
 「いま20才」 は昨夏から担当しているが、 目標や夢、 趣味、 休日の過ごし方、 はまっていることのほか、 父親にとっては聞きたくない?結婚したい年齢や理想のタイプ、 芸能人など聞いて紹介させていただいている。 取材には、 何でも思っていることを話してくれるだけでOK。 難しいこともなく本当に簡単。 ピンポイントで二十歳でなくても19歳、 21歳も大歓迎。 二十歳の記念に。 ぜひ、 出ていただければと思う。      (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る