御坊の産廃事業説明会に200人

 市内塩屋町森岡地内に御坊リサイクルセンター (仮称) の建設を計画している大栄環境㈱ (本社=大阪) の事業説明会が10日、 市民文化会館大ホールで開かれ、 計画反対の周辺住民ら約200人が参加した。 大栄環境側は産業廃棄物の運搬や埋め立てについて 「法に基づく計画」 で環境などへの影響がないことを強調。 しかし、 反対派らは納得できない様子で 「素人をだますな」 などと怒りを爆発させ、 引き続き説明会の開催を強く求めた。
 大栄環境側からは担当社員ほか関連調査会社、 設計業者らが出席し、 最初に同センターの施設概要や粉じん対策、 水の管理、 地震対策などで説明したあと、 来場者から質疑を受けた。 その中で 「有害物質のアスベストを含む産業廃棄物は取り扱わないのか」 との質問に対しては 「非飛散性のものは取り扱う。 非飛散性でも割れれば飛散するが、 どう扱えば飛散しないかは法律で定められており、 それに基づいて行う。 飛散性のアスベストが持ち込まれないかもしっかりチェックする」 と回答。 しかし、 反対派は 「非飛散性でもトラックで運搬するときに割れてアスベストが飛散するのではないか」 「毎日何十台も入ってくる運搬用トラックの荷台を全てチェックできるはずがない。 例えば持ち込んだものが 『土砂です』 と言われ、 その中にアスベストが混ざっていたら分かるのか」 などと猛反発が起きていた。
 また、 建設予定地から200㍍の距離にある市立給食センターについて反対派から 「飛散したアスベストが給食センターの給食に混入するのではないか。 そもそも、 あんな近い場所にゴミの山を作るなんて常識からすると考えられない。 何を考えているのか。 子どものことを考えろ」 と怒りの質問。 これに対して大栄環境側は 「給食センターへの影響はないと考えている。 『近い場所』 と言われますが、 我々からすればあれだけ離れた場所でリサイクルセンターができないようならこの事業自体ができないと考えている」 と見解の相違を示した。
 他にも有害物質や環境アセスで質問があったが、 いずれも大栄環境側の説明に反対派が納得することはなかった。 最終的に大栄環境側が 「この事業に起因する何らかの事態が発生した場合の責任は全て私たちが取る。 説明会についてはこれまで再三にわたって開いており、 これで終わらせていただきたい。 ただ、 今後説明会を開かないと言っているのではなく、 県の建設許認可を受けたあと、 事業を進める中で住民の不安払しょくへ引き続き説明をしていく」 と締めくくった。 これに対して反対派からは 「納得するまで何度も説明すべき」 「一方的だ、 逃げるのか」 と非難を浴びせていた。 また、 この日は市民文化会館の使用時間のリミットとなる午後9時を10分ほどオーバーして説明会を終了せざるを得ない格好となったが、 「年明けのみんなの集まりにくい時間帯の開催。 作為的だ」 との不満も出ていた。
 今回の説明会は反対派からの要請を受けて大栄環境側が主催。 現在、 施設の建設については県の許認可待ちとなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る