日々、変化を求めて

 無謬性という言葉。最近、テレビの政治討論番組などで聞かれるようになった。 普通の生活ではほとんど口にすることはない。 「むびゅうせい」 と読み、 インターネットで意味を調べてみると 「誤りが含まれていないということ。 誤りのなさ。 誤りようがない、 すなわち、 絶対に正しいという意味」 などと記されている。 「日本の官僚は無謬性を見直さなければならない」 とかいって使われる。 自分たちが立案、 やってきたさまざまな事業はすべて絶対的に正しいと考えている。 だから時代に即応した改革ができずに、 世界から取り残される。 政治評論家らのそんな官僚批判の際に用いられている。
 世の中には不変の絶対に間違っていない、正しいことなんてものはないのに、そう思い込んでしまうとあちこちに害を及ぼす。絶対に正しいと思った時点で思考停止となり、成長がストップしてしまうからだ。今日よりも明日、 明日よりも明後日と日々の進化がなければ刻々と変化するこの時代には生き抜いてはいけない。 放っておいても時は過ぎ、 周囲もごく自然に変わっていくため取り残されていくのは明らか。 「最も強いものが生き残るのではなく、 最も賢いものが生き延びるのでもない。 唯一生き残ることができるのは変化できるもの」 と進化論で有名なダーウィンの名言にもあり、 政治の世界だけでなく、普通の個人も組織も肝に銘じておかなければならないと思う。
 来年は巳年。 普段の自分をいま一度見つめ直したうえで、 一層知識を蓄え、 さまざまな経験を生む一年にしていきたい。 これまでの自分に満足してとどまることなく、 脱皮を繰り返して成長していきたいものだ。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る