安定の中も前進の年に

 ことしも残りあとわずか。市内の出来事を振り返ると、年明けから反対運動が活発化してきた森岡地区の産業廃棄物最終処分場建設計画が大きな問題。いまだ県の許認可の結論が出ず、「どうなっているの」と推進派、反対派ともに心配でもどかしい1年となった。
 明るい話題に目を向けると、7月には世界少年野球大会で元ホームラン王の王貞治さんが来坊。台風12号災害の復興を願うイベントでもあり、野球教室に参加したちびっこたちに夢と希望を与えてくれた。新しい取り組みもあり、インパクトがあったのは、地方紙の読者投票という全国的にも珍しい方法で選抜した2人のミス宮子姫。復活商工祭、顕彰祭など各種イベントの盛り上げに大活躍。宮子姫関連では着ぐるみの「みーやちゃん」も製作され、話題を呼んだ。御坊商工会議所では9月に地元飲食店の活性化へ「バル」を初開催。全国的にブームのイベントで、御坊でも大盛況。今後は年数回の定期開催でもっと誘客を図りたいところだ。
 個人的には6月の韓国、8月の中国取材が印象的。二階俊博代議士を団長に国際交流を目的にした訪問だったが、日韓、日中関係が厳しい中でも大歓迎を受け、地に足のついた交流の大切さを実感。そんな二階代議士は12月の衆院選で10選。全国的には自民、公明党が圧勝して政権を奪還した。そして御坊を見ると、5月には市長選があり、柏木征夫市長が6選。全国を見ても、御坊を見ても、厳しい社会情勢の中で「変革」に期待してえらい目に遭った有権者が、「安定」を求めた証。ただ、安定もいいが、地域の活性化へ一層の「前進」が必要。そういった意味で御坊では新しいチャレンジがたくさんあった1年であり、来年のさらなる前進を願っている。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る