車の安全技術に期待

 車を運転中、道沿いの店や看板が気になって、 ふと目を前に戻すと、 前方を走っていた車が目の前に止まっていて思わず急ブレーキを踏んだという経験は、 ドライバーなら一度はあるのではないだろうか。 筆者も車に乗り始めたころ2度ほどあり、 大きなブレーキ音とともに車が前のめりになり、 生きた心地がしなかったことを覚えている。 それからはわき見をしないことはもちろんだが、 とにかく車間距離を広めに開けるよう心がけているが、 こういった事故は一瞬の気の緩みで起こるので、 これからも油断できない。
 最近では、 車が前方の車を感知して自動で止まるシステムが標準装備だったりオプションで選べる。もっとも昔からあったらしいが、最近よくテレビCMなどで出てくるので、興味を持っている人も多いだろう。先日、来年発売する車を取材した際にいろいろ教えてもらったのだが、前方に付いたレーザーやカメラで追突を判断するという。 追突防止だけでなく、 高速道路では前方車をハンドル操作を除き自動追尾し、 車間距離や速度を一定に保ち、 前方車との間に他の車が割り込んできたときも対応できるというので驚きだ。
 このほかスマートフォンを使って決まった時間に空調を起動させあらかじめ車内の温度を調整したり、 エンジンで発電して非常用電力にできるなど、 最近の車の進化には目を見張るものがある。 そのうち運転自体も自動になって、 手動で運転していたことが驚かれる時代が来るかもしれない。 ただ結局のところ本当に安全かどうかは乗る人次第になるのだろう。 技術とともに、 人の安全意識も進化しなければならない。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る