チョコのたにぐち Xマス前に大忙し

 クリスマスを前に、 日高川町和佐にあるチョコレート製造の㈱たにぐち=本社大阪市東住吉区、 谷口壽代表=の和歌山工場では生産のピークを迎えている。 不況のなか、 例年より大手メーカーなどからの受注がアップしており、 クリスマスケーキを飾るオーナメントチョコをはじめ、 来年のバレンタイン向け商品の製造などで大忙し。 派遣社員の応援も頼み、 連日総勢130人態勢となっている。
 ことしは、 大手製菓、 製パン企業をはじめ、 ファーストフード、 洋菓子店などからの注文が増加。 さらに新規のメーカーからの注文も増え、 例年より1カ月近く早い9月中旬から生産の大波が押し寄せてきた。
 クリスマス向けの商品のオーナメントは「Merry Christmas」 と書かれたプレートチョコやサンタクロースなど描かれた板チョコのほか、 ツリーやベル、 ログハウス、 教会などケーキをおしゃれに演出するチョコレート。 クリスマスイブを2日後に控えて、 商品の製造は追い込み段階で、 納期に間に合わせようと従業員らは丁寧な手作業や最新の機器を駆使して製造に追われている。
 これに並行して、バレンタイン向けのひと口サイズのプラリネチョコの製造がピーク。 ことしはキャラクターの絵や文字が描かれた製品の注文も多く、 早くもホワイトデー向けの焼き菓子の生産も始まっており、 例年は1月末ごろまでのこの忙しさも、 バレンタインデーを過ぎても続く見通しだという。 工場統括兼品質管理部長の伊藤達也さんは 「過去の実績と信頼から予想以上の注文をいただいています。 納期に間に合わせるように従業員一同、 一生懸命頑張っています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る