チョコのたにぐち Xマス前に大忙し

 クリスマスを前に、 日高川町和佐にあるチョコレート製造の㈱たにぐち=本社大阪市東住吉区、 谷口壽代表=の和歌山工場では生産のピークを迎えている。 不況のなか、 例年より大手メーカーなどからの受注がアップしており、 クリスマスケーキを飾るオーナメントチョコをはじめ、 来年のバレンタイン向け商品の製造などで大忙し。 派遣社員の応援も頼み、 連日総勢130人態勢となっている。
 ことしは、 大手製菓、 製パン企業をはじめ、 ファーストフード、 洋菓子店などからの注文が増加。 さらに新規のメーカーからの注文も増え、 例年より1カ月近く早い9月中旬から生産の大波が押し寄せてきた。
 クリスマス向けの商品のオーナメントは「Merry Christmas」 と書かれたプレートチョコやサンタクロースなど描かれた板チョコのほか、 ツリーやベル、 ログハウス、 教会などケーキをおしゃれに演出するチョコレート。 クリスマスイブを2日後に控えて、 商品の製造は追い込み段階で、 納期に間に合わせようと従業員らは丁寧な手作業や最新の機器を駆使して製造に追われている。
 これに並行して、バレンタイン向けのひと口サイズのプラリネチョコの製造がピーク。 ことしはキャラクターの絵や文字が描かれた製品の注文も多く、 早くもホワイトデー向けの焼き菓子の生産も始まっており、 例年は1月末ごろまでのこの忙しさも、 バレンタインデーを過ぎても続く見通しだという。 工場統括兼品質管理部長の伊藤達也さんは 「過去の実績と信頼から予想以上の注文をいただいています。 納期に間に合わせるように従業員一同、 一生懸命頑張っています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る