父を忘れるほどの活躍を

 歌舞伎の十八代目中村勘三郎が亡くなり、長男の勘九郎の涙の口上が印象的だった。弟の七之助と並んで客席に頭を下げ、言葉を詰まらせながらもしっかりと、最後は「父のことを忘れないでください」と語りかけた。
 古典芸能や落語の世界では、六代目中村勘九郎、六代目桂文枝という具合に、偉大な名前が代々受け継がれる。亡くなった中村勘三郎も、3歳で五代目中村勘九郎を襲名し、勘三郎を継ぐまで46年もの間、「勘九郎」として人気を博してきた。歌舞伎ファンでなければ、今回の死去の報も名前だけではピンとこない人が多かったのでは。
 名跡制度も、本人にとっては名誉なことであるに違いないが、実際、自分もファンも慣れ親しんだ芸名が変わるというのは、大きな人生の転機となる。上方落語でいえば、つい先日、六代目桂文枝を襲名した桂三枝は、世間的にはいまも「三枝」であるし、だれが見ても「文枝」となるにはまだまだ時間がかかる。桂べかこ改めの桂南光も、襲名から19年が過ぎながら、いまだ「べかちゃん」のイメージが抜けきらない。
 同じ上方落語では、笑福亭松鶴の「六代目」の跡継ぎが落ち着かない。一門から筆頭弟子の仁鶴、鶴瓶らが後継者として名前が挙がりながら、いずれも「おそれおおい」として固辞したとか。プロ野球選手の背番号とは違い、テレビ時代に生きる人気商売の芸人にとって、名前が変わるということは、名誉や重圧だけではないリスクも大きい。
 人気者の父を亡くした六代目中村勘九郎には、いずれは世間のだれにも「勘九郎」といえば自分の顔が浮かぶよう、歌舞伎ファンが「父のことを忘れる」ほどの活躍を期待したい。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る