みなべの統合中学校 校名に意見分かれる

 少子化で生徒数が減少しているみなべ町の高城中学校と清川中学校の統合で、 新中学校の校名について 「新しい名前を」 「高城にあるのだから高城中学校でいいのでは」 と意見が分かれている。 18日に清川公民館で開かれた推進委員会では、 来年1月に開かれるそれぞれの区民総会で意見を集約して参考にすると決まった。
 両校の統合は平成26年4月の開校を目指して進めており、校舎は現在の高城中をそのまま使うことが決まっている。新校の校名については、高城・清川中学校統合推進委員会内に立ち上げた総務部会で検討。これまで清川地区では11月16日、高城地区では同28日に保護者を対象とした会合を開いたが、さまざまな意見が出されている。清川地区からは「新生中学校として開校するに当たり、校名についても透明性をもって新しく考えてほしい」という意見のほか「高城にあるのだから高城中学校でいいのでは」という声も。高城地区からは「対等統合なので校名は変えた方がいいと思うが、その場合には経費がかかること、生徒数の推移をみると近い将来また統合を検討する必要が出てくることを考えれば、今は高城でいい」「統合して新しい学校になるのだから変えてもいい」「校名を変えず校歌を新しくしては」などの声が上がっている。
 この日の推進委員会でも校名についての意見が上がったが、「校名は変えた場合に経費がかかる」「清川の方から統合をお願いしたが、対等の統合なので校名は変えてほしい」と堂々巡り。総務部会では1月の区民総会で意見を集約したうえで判断する方向だが、委員からは「総務部会で決めず区民総会に広げても、それぞれの意見を聞けば聞くほどかえって決められなくなる。この会の委員は、この問題に関しては区民の代表なのだから、ここで判断する方がいいのではないか」という声も聞かれた。事務局によると、5月の定例議会までに新しい校名を提案する方針だという。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る