みなべの常福寺 畑﨑名誉住職がえとの色紙

 みなべ町堺、 西山浄土宗常福寺の畑﨑龍定名誉住職(84)は、 ことしも来年のえと 「巳」 にちなんだ色紙絵200枚を描いた。 還暦の檀家と初詣で客に贈る。 昭和45年から続けており、 ことしで44年目。 毎年絵に言葉を添えており、 今回選んだのは 「福恵」。 経文の言葉で、 『たくさん
の幸せに恵まれますように』 との思いを込めた。畑﨑名誉住職は色紙を手に、 「世の中が平和であってほしい」 と静かに願っている。
 還暦を迎えた檀家に災いのない人生を送ってもらおうと昭和45年から還暦式を始めたが、 子どものころから好きだった絵を描いてプレゼントしようと色紙絵も始めた。 年始の参拝客にも贈っている。
  「リアルなヘビは気持ち悪がる人もいるので」 と、 できるだけ抵抗のないよう大分県の民芸品でもあるヘビのおもちゃをイメージした絵、 イラスト調の絵と2種類を描いた。 添えた 「福恵」 の文字は、 経文の言葉 「福恵増長 (ふくえぞうちょう)」 の言葉から引いた。 「たくさんの幸せに恵まれ、 いつまでも長く続いていきますように」 との意味があり、 暗いニュースが多い中この2文字がひらめいたという。 11月上旬から1カ月ほどかけて完成させた。
  「幸せが多くなればいいが、 昨今は災いが増えるばかり。 尖閣諸島や竹島問題など国際的にも問題をかかえており、 まず一番に願うのは平和な世の中。 優しさと温かさ、 こんな世の中にも耐えていくたくましさを持ってほしい。 そんな願いを込めて描きました。 来年こそはいい年であってほしい」 と祈るように話している。
 畑﨑名誉住職は現在、 和歌山市在住。 同市梶取にある西山浄土宗別格本山壇林総持寺(そうじじ)の第六十九世貫主を務めている。

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る