御坊の小竹八幡神社に大絵馬奉納

 市内薗の小竹八幡神社に13日、来年の干支の「巳」を描いた大絵馬が奉納された。ヘビの絵は市内薗の会社員木村洪平さん(48)が描き、平成14年の午(馬)から始めて来年の巳が12番目。先代の画師の父靖夫さん、さらにその前の初代山中襄さん(洪平さんの大叔父)からかぞえると来年はちょうど4回目の巳にあたり、洪平さんは「ヘビの脱皮のように新たな『再生』の年に」との思いを込め、3匹のヘビが文字になった遊び心も加えて描いている。
 干支の大絵馬奉納は洪平さんの大叔父、 元市教育委員の山中さんが小竹八幡神社遷宮300年の昭和52年から始め、 この年の干支が巳。 その後、 洪平さんの父で元市教育長の靖夫さんが引き継いだが、 靖夫さんが病気で急逝したため、 平成14年の午からは洪平さんに絵筆が受け継がれた。
 三代目の洪平さんにとっては、 今回描いた巳が十二の干支の一巡目最後で、 木村家の仕事としては4回目の巳にあたるという節目。 洪平さんは 「大叔父、 父の後を受けて絵を描かせてもらい、 あっという間の12年。 今回はヘビが脱皮するように古いものや悪いことを捨て去り、 福や吉を呼び込み、 一から 『再生』 する年にとの思いを込めて描きました」 といい、 絵馬には洪平さん (俳号・青嶺子) が詠んだ 「振り出しに 戻すも楽し 初笑ひ」 の俳句も添えられている。
 絵馬の大きさは縦約90㌢、 横約180㌢。 工作は市内薗の塩﨑建築代表、 塩﨑弘直さん (50) が担当。 3匹のヘビは親子で、 それぞれくねらせた形はよく見ると、 左からひらがな5文字に見えるようになっている。来年は当たり年になり、この日の奉納を楽しみにしていたという多田幸子さん(71)=御坊市薗=は、「私は巳年なのにヘビは大嫌い。でも、この絵馬のヘビはかわいいです。 木村さんの文字の発想も面白い」 と笑顔。 小竹伸和宮司 (43) も 「ことしの辰 (龍) は特別にデフォルメされた劇画調でしたが、 このヘビはまた例年のタッチに戻ったよう。 文字も面白く、 参拝される方も楽しみに見ていただきたいですね」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る