防災スペシャリストの育成を

 「役場職員を防災のスペシャリストとして育成してほしい」。先日、みなべ町で行われた津波避難訓練に参加したある住民から出た意見だ。防災担当の職員はいるし、当然知識を持っているが、数年経てば異動で部署がかわってしまうことを憂いての言葉。どこのまちにも当てはまることで、住民に防災対策を指導して回る、地域の課題を洗い出して指摘する、そんな専門官が常にいれば確かに心強い。「住民の意識高揚を図っていく」とはよく聴く言葉だが、実際にどのような仕掛けをしているのか、あまり見えないのが現状ではないだろうか。防災スペシャリストに、ぜひ取り組んでほしい。
 とくに必要なのは子どもへの防災教育だ。南海トラフの巨大地震、10㍍を超える津波、避難経路などなど、大人でも十分な理解や想像が難しいことを、学生、とりわけ小学生に分かってもらうのは簡単ではない。想定されている津波が襲ってきたら、「通学路の○○商店の屋根まで水に浸かる」など子どもがイメージできる地域の実状にあった教育が必要だろう。そういう指導ができるスペシャリストを育成し、学校や地域を巡回する職員がいれば、まちの防災力が上がっていくことは間違いない。
 1946年12月21日午前4時19分ごろ、マグニチュード8・0といわれる昭和南海地震が発生。もうすぐ66年になる。南海地震が近い将来発生するといわれ出して、もう10年ほど経つだろうか。そのときは、着実に近づいている。どうすればいいか、いくら考えても100%の答えはない。スペシャリストが確実に減災につながるかは、やってみなければ分からない。だからこそ、いま、できることをやるしかない。
       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る