ぼうさい甲子園 印南中が3年連続奨励賞

 子どもや学生の防災教育・活動を顕彰する 「ぼうさい甲子園(1・17防災未来賞)」 (兵庫県、 毎日新聞社など主催) で、 印南中学校 (土井淳司校長) の津波研究班14人が中学生部門奨励賞に選ばれた。 受賞は県内で同校のみで、 昨年に続き3年連続となった。  小学生、 中学生、 高校生、 大学生の4部門あり、 各部門からぼうさい大賞1点、 優秀賞1点、 奨励賞数点を選び、 大賞の中からグランプリ1点を選んだ。
 印南中の津波研究班は昨年作った紙芝居を改良。 昨年は1855年の安政南海地震で印南町の死者がゼロだったことを描き、 今回はその教訓となった1707年の宝永地震に注目。 印南町で176人の死者が出た地震で、 印定寺 (印南) にある合同位牌の裏に、 当時の住職が記した津波の悲惨な様子を現代語訳。 位牌には 「大地震で山は崩れ地は砕け、 津波が凹凸となって打ち寄せた。 誰も彼も波にさらわれ漂いおぼれ、 親子兄弟はあっという間に別れ別れになった」 などと記されている。 昨年の紙芝居の前半部分に加えて内容に重みを出したほか、 安政地震の個所も文章を分かりやすくした。 このほかマグニチュード9・0でのアニメーションを使った町内の浸水シミュレーションも行った。
 生徒たちは 「自分たちの活動が認められてうれしいです」 と話している。 生徒は次の皆さん (いずれも3年生)。
 池田国弘、 大山直也、 尾崎啓、 川口拓真、 西山昇太郎、 石川真奈、 木下弥玲、 塩崎風香、 塩路七海、 中戸川幸奈、西川真由、平田文香、山崎萌、吉岡澄

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る