柏木御坊市長 庁舎高台移転の考えなし

 柏木征夫市長は11日の市議会一般質問の中で大規模地震に備えた庁舎の高台移転に触れ、「市民とは運命共同体。庁舎だけを高台に移転させることはできない」などと、既設庁舎の敷地内で改築する考えを強調した。
 村上宗隆議員が「大規模地震で庁舎や住居の高台移転の必要性が言われている。市の庁舎は改築を予定しているが、せっかく新しくなってもまた津波被害で建て替えとなると大変。高台へ移転すべきではないか」と質問したことに対する答弁。柏木市長は高台移転の考えがないことを明確にした上で、「旧御坊町には高い場所がないので、庁舎自体が有効な高台となる。1人も被害を出さないよう防災、減災対策を進めたい。また、庁舎をかさ上げする方法もあるが、たくさん盛ることで別の障害になる恐れもある。庁舎が浸水してもいい部分を設定して改築を進めたい。特に庁舎は情報収集、伝達など災害時の司令塔の役割を果たすので、その司令塔を庁舎の高い場所に確保するなど今後検討していきたい」と述べた。
 このほか、村上議員は「名新地区は海に近く津波で一番被害が出る地域。特別扱いというわけではないが、しっかりした対策をお願いしたい」と要望し、柏木市長は「名新地区で被害が出るときは旧御坊町でも被害が出るので、同じように対策を考える必要がある。ただ、1人も被害を出さないようもちろん名新地区をどうするのかも念頭にある。例えば製材所の木材の流出被害をどうするのか、避難弱者をどう逃がせるかなどを検討している」と説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る