祖国を守るための選択を

 無駄な出張や接待を減らし、会議や文書の簡素化を進め、蔓延する汚職の摘発にも乗り出した。中国の習近平総書記の動きを伝える日本の新聞。就任後初の地方視察で鄧小平の像に献花、改革開放路線の継承をアピールし、他方、大陸間弾道ミサイルの試射を行うなど、対米軍事力の強化も進めている。
 1989年4月、胡耀邦元総書記が急死した。チベットの惨状に涙を流して謝罪、山崎豊子の『大地の子』の取材に全面協力するなど、閉鎖的な政府の体質を改善しようとしていた矢先。内部の反発により失脚したのちの死だったが、これを機に、独裁政治に不満を募らせていた学生たちが立ち上がった。
 6月4日、北京の天安門広場を埋め尽くした人民に、鄧小平は軍を投入、無差別発砲で鎮圧に乗り出した。党への信頼は地に堕ち、西側の制裁で経済が急激に悪化。事件の真相は闇に葬られ、再度復活した鄧小平が南巡講和で市場経済の導入を宣言した。その後の表面的な経済発展は見ての通りだが、旧態依然の独裁政治で汚職と腐敗は社会の骨の髄まで浸潤し、人民は植えつけられた「反日」で健全な愛国心、良心が育まれず、かつて、命がけで民主化のために闘った学生でさえ、腐りきった国の中で道徳心と良識を失ったという。
 習総書記はこのような現状の継続を「確固不動だ」といいきる。このままでは当然、第3次天安門事件の気運が高まり、党への批判をかわすために日本への軍事行動を起こすという指摘も少なくない。日本の市町村の行革より中身のないポーズをとりながら、食指は露骨に台湾から尖閣、沖縄へと伸びつつある。日本人はいま、祖国を守るための選択を迫られている。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る