美山少年野球クラブが甲子園でプレー

 阪神甲子園球場で8日、JSERA日本スポーツ用品協同組合連合会近畿ブロック協議会主催の親善軟式少年野球大会が開かれ、日高川町の美山少年野球クラブが出場した。親善試合など行い、11人の選手たちは、憧れの舞台で興奮しながら打って守ってハツラツプレー。室内練習場では阪神タイガースの現役選手から指導も受け、「高校野球の聖地」での夢のようなひとときに、子どもたちは大感激していた。
 子どもたちに近くて遠い存在の甲子園の土を踏ませてあげたい、いつまでも野球を続けてほしいとの思いから企画された大会で、近畿2府4県と東北大震災で被災した東北3県の計14チーム、約250人が参加した。美山少年は、御坊市本町のスポーツショップ野田が推薦。県内からは推薦を受けた20チームの中から抽選の結果、岩出グリーンズ(岩出市)とともに選ばれた。
 美山少年の子どもたちは、開会式でグラウンドに足を踏み入れると大興奮。「めっちゃ大きい」「とってもきれい」などと次々と驚きの声が上がり、親善試合では滋賀県の土山・山内スポーツ少年団と対戦。試合は0対5で敗れたものの、思う存分に自分たちのプレーを展開。緊張しながらも投手は伸びのあるボールを投げ込み、内野手は土にまみれて白球を追いかけ、外野手は慣れない天然芝の感触を楽しみながら本塁打性の当たりを好捕するなど夢舞台で元気いっぱい。田染寛樹主将(12)は「甲子園で野球ができてとてもうれしい。ますます野球が好きになりました。高校生になったら絶対ここでプレーをしたい」と興奮気味に話していた。
 野球教室では、鶴直人投手、渡辺亮投手、岡崎太一捕手、野原将志内野手ら現役6選手からマンツーマンで指導を受け、守備ではポジション別、打撃ではティー練習でアドバイスが送られた。このほか、歴史館も訪れ、智弁和歌山やPL学園、池田など高校野球の歴代優勝校のユニホームや大正時代の優勝旗など見学した。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る