美山少年野球クラブが甲子園でプレー

 阪神甲子園球場で8日、JSERA日本スポーツ用品協同組合連合会近畿ブロック協議会主催の親善軟式少年野球大会が開かれ、日高川町の美山少年野球クラブが出場した。親善試合など行い、11人の選手たちは、憧れの舞台で興奮しながら打って守ってハツラツプレー。室内練習場では阪神タイガースの現役選手から指導も受け、「高校野球の聖地」での夢のようなひとときに、子どもたちは大感激していた。
 子どもたちに近くて遠い存在の甲子園の土を踏ませてあげたい、いつまでも野球を続けてほしいとの思いから企画された大会で、近畿2府4県と東北大震災で被災した東北3県の計14チーム、約250人が参加した。美山少年は、御坊市本町のスポーツショップ野田が推薦。県内からは推薦を受けた20チームの中から抽選の結果、岩出グリーンズ(岩出市)とともに選ばれた。
 美山少年の子どもたちは、開会式でグラウンドに足を踏み入れると大興奮。「めっちゃ大きい」「とってもきれい」などと次々と驚きの声が上がり、親善試合では滋賀県の土山・山内スポーツ少年団と対戦。試合は0対5で敗れたものの、思う存分に自分たちのプレーを展開。緊張しながらも投手は伸びのあるボールを投げ込み、内野手は土にまみれて白球を追いかけ、外野手は慣れない天然芝の感触を楽しみながら本塁打性の当たりを好捕するなど夢舞台で元気いっぱい。田染寛樹主将(12)は「甲子園で野球ができてとてもうれしい。ますます野球が好きになりました。高校生になったら絶対ここでプレーをしたい」と興奮気味に話していた。
 野球教室では、鶴直人投手、渡辺亮投手、岡崎太一捕手、野原将志内野手ら現役6選手からマンツーマンで指導を受け、守備ではポジション別、打撃ではティー練習でアドバイスが送られた。このほか、歴史館も訪れ、智弁和歌山やPL学園、池田など高校野球の歴代優勝校のユニホームや大正時代の優勝旗など見学した。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る