来年は脱ワイルド

 ことし話題になった言葉に贈られるユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞が発表され、お笑い芸人・スギちゃんの「ワイルドだろぉ」に決まった。その他のトップ10には山中伸弥氏のノーベル賞受賞で一気に知られるようになった「iPS細胞」。それに格安航空会社の「LCC」、総選挙に関連して「近いうちに…」、五輪からは「手ぶらで帰らせるわけにはいかない」などが入った。ことしの漢字同様、世相を表すような言葉も多く、耳にするだけでこの一年がどんな年だったのか浮かんでくる。
 過去の年間大賞を振り返ってみる。いまが旬の「無党派」の受賞者には、青島幸男元都知事が記されている。1995年のことだ。2000年には「IT革命」があり、01年には米百俵などの「小泉語録」。03年には「マニフェスト」、06年はベストセラーにちなんで「品格」が選ばれている。07年は「どげんかせんといかん」、3年前には「政権交代」があり、まだ記憶に新しい昨年は女子サッカーの「なでしこジャパン」となっている。
 スポーツ紙などによると、大賞を受賞した芸人は翌年以降露出が減っていくという嫌なジンクスがあるそうだが、お笑いの世界だけには当てはまらない。何年かたって振り返ってみると、結構おもしろいと思う。
 バラエティー番組の収録で10㍍の高さからプールに飛び込み、骨折したスギちゃんは本当にワイルドだったが、この一年、大震災の復興は思ったより進まず政治は目に余るような権力闘争を繰り広げ、また景気は回復しないままなど国民を取り巻く状況も文字通りワイルド。来年は脱ワイルド、年末の流行語には楽しい、明るい言葉が並ぶことを期待しよう。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る