印南町が災害に備え小学校に太陽光パネル設置へ

 印南町は大災害による停電時の電源確保へ、 避難場所となっている切目小学校に太陽光発電パネルと蓄電池を設置する。 蓄電池と併用することで日光が当たらない夜間や雨天時でも電源を確保でき、 日高地方では先進的。 10日から開会する議会12月定例会の一般会計補正予算に設計費を計上しており、 来年夏休み中の設置を目指す。
 切目小学校は海抜30㍍以上の場所にあり、大地震発生時には元村や上道地区の住民ら100人以上が避難すると予想されている。町では長期の停電や通信を維持するための電源確保に向け、太陽光発電パネルの設置を計画。パネルだけでは日光が当たって発電している間しか電気が使用できないため、蓄電池も設置する。パネルの発電能力は、一般家庭の約3倍となる10㌔㍗、蓄電池の容量は15㌔㍗を予定。住民が避難する体育館の電力をすべて賄うことは難しく、照明など電力消費が激しいものは今後ガソリン式などの発電機での対応を検討していくが、住民の携帯電話など通信機器の電力確保に活用。また天候に左右されるものの万が一に備えて永続的な電気供給を確保しておこうと導入を決めた。普段は、発電した電力を売電せず、学校での使用に充てる。
 12月議会には設計費300万円を計上。議決されれば来年夏休み中に工事を行い、完成しだい稼働させる。工事費は4000万円を見込んでおり、うち3000万円が国の補助となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る