奇跡の一本松保存へ美浜町も協力

 東日本大震災の津波で松林が消滅、 約7万本のうち1本だけが残った岩手県陸前高田市の 「奇跡の一本松」 の保存事業に対し、 同じ松林がまちのシンボルの美浜町も住民に募金の協力を呼びかけている。 一本松は枯死が確認され、 9月には伐採されており、 モニュメントとして復元させるためにかかる費用は約1億5000万円。 森下誠史町長は 「美浜町としても少しでも貢献できれば」 と話している。
 陸前高田市は岩手県南部の沿岸にあり、美浜町の煙樹ケ浜の松林と同じく、約7万本の名勝「高田松原」がまちの代名詞だった。東日本大震災では死者・行方不明者が約2000人、高田松原は津波により根こそぎさらわれ、たった1本だけ残った松が「奇跡の一本松」として話題となった。
 一本松は「被災地復興のシンボル」ともいわれたが、衰弱が進み、5月に枯死が確認され、9月にはモニュメントとして復元させるために伐採。人工的な処理を施したうえ、元の場所に戻されることになった。その費用は約1億5000万円と見込まれ、 陸前高田市は市民生活の再建を最優先するため、一本松にかかる費用は保存を願う人たちの寄付で賄うことを決定。戸羽太市長が全国の自治体に対し、職員の募金協力をお願いする手紙を送った。これを受け、美浜町は職員だけでなく、住民にも協力を呼びかけることを決め、6日から役場1階に募金箱を設置。今月いっぱい受け付け、年明けに送金することにした。
 森下町長は「美浜町も5万6000本の松が植わる煙樹ケ浜を自慢とするまちとして、(津波被害は)決して他人事ではない。被災地の復興を心から願い、町民の皆さまにもご理解、ご協力をお願いいたします」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る