防災の原点はやさしさの心

 1枚の写真が人の心を打つことがある。先日開かれた紀州梅の郷救助隊とみなべ町消防団らの研修会で、東日本大震災の報道写真を映像化したビデオ「3・11メッセージ」が上映された。停電のためにろうそくの明かりで一夜を過ごす家族、我が子の遺体を確認して泣き崩れる母親などを撮影した43枚で構成された内容。写真以外にはその状況を説明する文字と音楽だけ。しかし、それだけで写真に込められている思いがひしひしと伝わってくる。
 ビデオは毎日新聞社が協力し、和歌山大学防災研究教育センターが制作。被害の状況を伝えることよりも被災者の心を表現する内容の写真が使用されている。企画・プロデュースした今西武客員教授は「従来の防災啓発活動に欠けている新しい視点、人の心に響く強いメッセージ力をもった映像を作成し、人の心を動かすことを基本ベースにつくった。心が動けば行動につながる」と説明している。
 いま、南海トラフの巨大地震発生がいわれ、各自治体や地域などが対策に取り組んでいる。避難路をつくったり、公共施設を高台へ移転することも検討しており、防災に強い地域環境づくりが進められている。もちろん、そういうハード面も大切だが、まずは住民の意識改革が必要だ。
 研修ではビデオ上映後に梅の郷救助隊の尾崎剛通隊長が「ビデオを見て泣くやさしさとそうでない冷静さが必要」と話した。「冷静さ」とは津波の到達時間など計算された上に成り立つ手立て、「やさしさ」とは家族や親しい人を失いたくないという心を意味するのであろう。自分が守らなければならないものを再認識すること、それが防災の原点といえよう。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る