信頼関係築けるトップを

 ことし発足20周年を迎えたプロサッカーJリーグは、サンフレッチェ広島が初めての優勝を飾って全34節の戦いが終わった。チームを率いたのは、元日本代表で、あのドーハの悲劇も経験した森保一監督。就任1年目のルーキーにして、J2降格も経験してきた老舗チームを栄冠に導いた。プロ野球でパ・リーグを制した北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督もことし就任1年目。若い新人監督の活躍ぶりが目立った1年だったといえるだろうか。ともに選手との信頼関係が強い印象で、だからこそ競争の激しいプロスポーツ界でも結果を出せるチームを作れたのだろう。
 一方で、Jリーグ発足以来20年間J1に在籍し、優勝経験もあるガンバ大阪が、初めての2部降格となった。日本代表の遠藤保仁、今野泰幸らが名を連ねた強豪も、チームとしての歯車がかみ合わなければ、厳しい世界を勝ち抜くことはできない。ガンバ大阪は10年間チームを指揮した西野朗監督が昨シーズンで退任し、今シーズンから外国人の新監督が就任していたが、AFCチャンピオンズリーグを含めリーグ戦第3節まで公式戦5連敗を喫するなど振るわず、早々と指揮官が交代となったことが最後まで響いたといえる。
 トップは、明確な将来のビジョンを持ち、選手との信頼関係を築かなければ強いチームを作れない。もちろん政治の世界でも同じで、指揮官がころころ変わる、変わらなければならない国はとても強くなれるようには思えない。国のトップを決めることになる衆院選がきょう4日、告示される。国民と信頼関係を築けるリーダーシップとビジョンを持つ候補者や党をしっかり見極めたい。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る