翔龍祭賞に深瀬さん

 去る25日に田辺市龍神村の龍神ドームで開かれた翔龍祭のイベントの一つとして行われた 「すぎ・ひのきクラフト展」 の審査結果が1日までに発表され、 龍神村柳瀬、 自営業深瀬正仁さん(46)の 「組み立て式ひのきベンチ」 が最高賞の翔龍祭賞に選ばれた。 龍神の良質なヒノキを使った温かみあふれるベンチで、 手軽さや使い勝手のよさが高い評価を受けた。
 深瀬さんは、 同地の手作り家具工房JINの代表。 数年前までは柳瀬木工所の名でパナソニックの下請けとして照明器具の一部を製造していたが、 オリジナルの家具を作りたいと2年前にJINを立ち上げた。 地元の木材にこだわり、 木の香りとぬくもりあふれるベッドや家具、 勉強机、 本棚などを製造。 インターネットで販売している。
 翔龍祭賞を受賞した作品は、 新作ベンチの試作品として開発。 長さ1・5㍍、 幅約60㌢、 腰掛け部分までの高さ30㌢。 ねじを回すだけで誰でも手軽に組み立てることができる。 分解すれば持ち運びも簡単。 コンセプトは 「多用途」 で、 3人まで座れるほか寝転がることもできるようにしている。 「美しく仕上がったと思います」 と出来栄えに満足しており、 「これまで数回出品していますが、 翔龍祭賞は初めてでうれしい。 背もたれを倒してベッドにできるよう、 これから改良していこうかと思っています。 木のぬくもりを感じて、 ほっとした気持ちになってもらえれば」 と笑顔で話していた。
 クラフト展は、 スギ、 ヒノキの温かさや肌触りの心地よさを生かし、 多くの人に 「身近に木のある生活」 を感じてもらおうと毎年作品を募集している。 ことしは秀作8点の応募があった。 翔龍祭賞のほか龍神行政局長賞は吉本直敏さん (龍神村柳瀬) の 「どこででも簡単に楽しめるハンモック」、 パナソニック賞には松葉正次郎さん (奈良県葛城市) の 「玉がころりころり下から上に?」 が選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る