人の心を癒す名曲

 秋以降、大物アーティストのベストアルバムリリースが続いている。つい先日も、デビュー40周年を迎えた松任谷由実が45曲入りのベスト盤を発売。読売新聞に全面3ページの広告も話題となったが、1週間で33万6000枚を売り上げ、若い世代にも新たなファンを広げている。
 今回のベスト盤には、幅広い世代の多くの人に愛される 『春よ、来い』 という名曲が収録されている。18年前の平成6年10月に発売された、同じタイトルのNHK朝の連ドラの主題歌で、翌年1月に発生した阪神淡路大震災では、避難所で寒さと悲しみに震える被災者の心を癒し、16年後の昨年、神戸新聞が行った 『震災時にあなたが励まされた歌』 という調査で1位に選ばれた。
 同新聞のHPによると、地震で自宅が全壊し、現在、東京に暮らす男性は、「震災からしばらくは抜け殻のような日が続いていた。そんなある日、テレビから『春よ、来い』が流れ始め、『俺にも春がくるのかな』と思考が再び動き始め、自分を取り戻したような感覚を得たことを覚えています」。西宮で被災した福島在住の人は、「春が来れば、街が復興し、住み慣れた西宮に戻れる日が来ると、自分を励ましていました」と振り返る。
 春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに 愛をくれし君の なつかしき声がする。心地よいピアノ、ユーミンの包み込むようなやさしい歌声を聴きながら、被災地の寒さを考えると涙が出そうになる。ことしもいよいよ師走。忙しさのなか、この曲に励まされ、 頑張っている東北の方もいるだろう。
 家を流され、大切な家族を失いながら、住み慣れたふるさとに戻れる日を信じ、強く生きる被災者の皆さんに、一日も早く春が来ますように…。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 便利で役に立ちま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る