22日から日高町で近畿高校ホッケー大会

 22、23の両日、日高町荊木のマツゲンスポーツグラウンドで開かれる近畿高校選抜ホッケー大会女子の部に、紀央館が2年連続出場を果たす。兵庫を除く5府県の代表が集まり、3枠の全国出場を争う。紀央館女子は昨年2連敗で全国切符を逃しており、リベンジにかける意気込みは相当。近畿は全国屈指の強豪が勢ぞろいしているものの、「地の利も生かして上位3チームに入りたい」と6年ぶり2度目の大舞台へ闘志を燃やしている。
 女子の部には紀央館のほか、天理(奈良)、羽衣学園(大阪)、立命館(京都)、伊吹(滋賀)が参加。初日にA、Bの2プールに分かれて熱戦を展開。2日目にプールの順位に応じて代表決定戦が行われる。3チームが入るAプールは総当たりで1位になれば大舞台出場が決まり、2日目の代表決定戦ではA、Bプール2位同士、Aプール3位とBプール1位同士の対戦で勝者に全国切符が与えられる。紀央館はAプールでまず天理、羽衣学園と激突する。
 天理、羽衣学園、立命館、伊吹の4チームはいずれも全国大会の常連。特に羽衣学園はことしの春、夏の全国大会覇者、天理は春の準優勝校、伊吹は両大会3位入賞の強豪だ。紀央館は実績では劣るものの、昨年秋から県公式戦4連覇中の勢いがある。戦力的にはGK・成川、DF・杉浦を中心とする守備陣が充実。MFの佐と宮井のゲームコントロールが光り、スピードのあるFW・白井、決定力を持つ磯嵜の得点力も引けを取らない。先月の県新人大会からは「ボールのキープ力が上がってきた」とレベルアップし、昨年のリベンジへ順調に仕上がってきている。
 新チームになって伊吹と練習試合を行い、1勝1引き分けと互角の勝負ができたことも自信につながっている。喜多英登監督は「全国上位の強豪ばかりとの対戦。厳しい戦いになると思うが、粘り強く最後まであきらめない試合をしたい」と話し、「自分たちが普段練習で使っているグラウンドでの試合。地の利もあると思うので、失点を少なく、カウンターやセットプレーからの得点機をものにできればチャンスはある」と期待を膨らませている。佐伊吹主将(2年)は「地元なので落ち着いて試合ができると思う。少ないチャンスを生かして好ゲームをしたい。今度こそ勝ちたい」と大一番へ向けて力強く抱負を語り、本番を前にシュートやパスなどの練習に余念がない。
 紀央館女子の試合はプール戦の22日が正午から羽衣学園と対戦し、午後3時から天理と顔を合わせる。翌23日の代表決定戦(Aプール1位になれば不出場)はプール戦2位なら午前10時から、3位なら同11時半から試合開始となる。全国大会は来年3月22日から27日までの6日間、東京都で開かれる。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る