活性化へスピード感を

 御坊商工会議所の調べによると、現在市内商店街の4分の1が空き店舗。 さらに60歳以上で後継者がいないところも相当あり、 さらに空き店舗が増えそう。 商店街の活性化に向けては空き店舗の有効活用も大きな課題の一つ。 同会議所地域活性化委員会では若者らに貸し店舗として提供する仕組みを検討しており、 今後の展開が注目される。
 そんな中で提案されているのが、 借り手への家賃補助。 市は本年度から家賃補助制度についての調査、 研究を進めているが、 いまのところ導入の見通しは立っていない。 同様の制度は県内ですでに和歌山、 海南、 田辺、 新宮の4市が導入しており、 例えば和歌山だと会議所から推薦を受けた借り手を対象に家賃の2分の1(上限5万円)で補助金を交付している。国にこの種の補助制度がないため、各市の独自負担となっている。
 そんな状況に去る27日の地域活性化委員会では 「他市でできているのになぜ御坊でできないのか」 という不満が出ていた。 それはもちろん各市の財政状況が違うし、 執行部の方針も違うからそうなるわけで、 これを変えるならトップを入れ替えるのが手っ取り早いがそうもいかないだろう。
 ならば一度行政側と同じテーブルについて家賃補助で協議してみてはどうだろうか。 そしてやれるものなら実行して、 できないというならなぜできないのかを理解、 仮に断念するなら別のことを考える。 行政と民間が同じテーブルでの協議を経てこういった共通の理解、 認識を持って取り組まなければ、 何かすれ違いが起きて御坊の活性化にスピード感が出ないという印象を受ける。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る