県農林水産業賞 日高地方は2氏

 知事が農林水産業や地域づくりに多大な貢献のあった個人、団体をたたえる県農林水産業賞の受賞者が決まり、ことしは農業、林業、地域づくりなど4部門で11人と3団体が受賞。日高地方からは農業部門で印南町農業士会会長の堀池邦彰さん(57)=津井=、地域づくり部門で日高地方生活研究グループ連絡協議会副会長の龍田江美さん(66)=日高川町田尻=の2人が選ばれた。
玉井堀池さん1.jpg1.jpg
 農林水産業と関連産業の振興、発展、農山漁村の活性化に貢献のあった個人、団体を対象に、ことしは農業部門で7人と1団体、林業部門で1人と1団体、水産業部門で2人、地域づくり部門で1人と1団体が受賞。12月5日午後1時半から県庁4階の正庁で表彰式が行われ、仁坂吉伸知事から表彰状が授与される。
 堀池さんは、地域に先駆けて野菜中心だった経営に花を導入し、印南町花き連合会の会員として積極的に花き栽培を推進。栽培農家の大きな課題である種苗費の削減へ、低温育苗施設を導入するなどを進め、低コスト化を実現した。現在は町の農業士会会長、鳥獣被害防止対策協議会会長農業委員などを務め、若手農業士の指導・育成、イノシシ等の有害鳥獣対策などに尽力。平成12年12月から20年12月までは教育委員(2期)も務めた。
 龍田さんは、高齢者のいきいきサロンなど地域活動に積極的に参加し、得意な料理を生かして月1回の高齢者の昼食会を開催。生活研究グループ活動では地域食材の活用を進め、農産加工グループをつくるなど、女性起業の先駆けとして活躍している。現在は法務大臣委嘱の人権擁護委員、町生活研究グループ連絡協議会会長などを務め、過去には町女性団体連絡協議会会長も務めるなど、優れた指導力を発揮している。

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る