龍神村で翔龍祭始まる

 田辺市龍神村の秋の恒例イベント林業まつり・翔龍祭 (同実行委員会主催) が24日に柳瀬の龍神ドームで開幕。 25日までの2日間。 木工品や地元産品の即売会などが催され、 大勢の家族連れらでにぎわっている。 初日には大鼓の奏者を招き、 山の神々に神楽が奉納された。 来場者は地元食材を使った食品を味わったり、 販売品を品定めしたりして龍神の魅力を楽しんでいた。
 地域住民らが実行委員会を組織し、基幹産業である林業をアピールするイベント。「わがらの山のくらし」をテーマに、農業や商工業、文化に関するさまざまな品も一堂に集まった。
 開会式では松本和弘実行委員長が「心を込めてもてなしているので、2日間ゆっくりと楽しんでもらいたい」とあいさつ。真砂充敏市長も「改めて地域づくりを考え、力を入れていきたい」と述べた。このあと能楽の大鼓奏者グループ「八咫烏鼓動隊」のメンバー3人が登場し、山の神々に捧げる神楽を奉納。鼓を打ち鳴らしながら「ヤー」などと声を上げ、日本の伝統的な音を響かせた。続いて、テープカットの代わりに丸太をのこぎりで切り落とす「ウッドカット」が行われ、開幕となった。
 会場内の販売コーナーでは木工品、日用雑貨などの店舗がずらり。野外でもラーメン、パンなどの飲食ブースが並び、来場者の人気となっていた。アトラクションも多彩に展開され、大鼓の体験ワークショップ、ウッドバーニング、チェーンソーアートの実演などが行われた。
 翔龍祭・村民文化祭も27日まで龍神市民センターで催されており、書・写真・手芸などを展示している。実行委員会では「ぜひ来場して龍神の魅力を感じてほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る