龍神村で翔龍祭始まる

 田辺市龍神村の秋の恒例イベント林業まつり・翔龍祭 (同実行委員会主催) が24日に柳瀬の龍神ドームで開幕。 25日までの2日間。 木工品や地元産品の即売会などが催され、 大勢の家族連れらでにぎわっている。 初日には大鼓の奏者を招き、 山の神々に神楽が奉納された。 来場者は地元食材を使った食品を味わったり、 販売品を品定めしたりして龍神の魅力を楽しんでいた。
 地域住民らが実行委員会を組織し、基幹産業である林業をアピールするイベント。「わがらの山のくらし」をテーマに、農業や商工業、文化に関するさまざまな品も一堂に集まった。
 開会式では松本和弘実行委員長が「心を込めてもてなしているので、2日間ゆっくりと楽しんでもらいたい」とあいさつ。真砂充敏市長も「改めて地域づくりを考え、力を入れていきたい」と述べた。このあと能楽の大鼓奏者グループ「八咫烏鼓動隊」のメンバー3人が登場し、山の神々に捧げる神楽を奉納。鼓を打ち鳴らしながら「ヤー」などと声を上げ、日本の伝統的な音を響かせた。続いて、テープカットの代わりに丸太をのこぎりで切り落とす「ウッドカット」が行われ、開幕となった。
 会場内の販売コーナーでは木工品、日用雑貨などの店舗がずらり。野外でもラーメン、パンなどの飲食ブースが並び、来場者の人気となっていた。アトラクションも多彩に展開され、大鼓の体験ワークショップ、ウッドバーニング、チェーンソーアートの実演などが行われた。
 翔龍祭・村民文化祭も27日まで龍神市民センターで催されており、書・写真・手芸などを展示している。実行委員会では「ぜひ来場して龍神の魅力を感じてほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る