道成寺の釈迦如来坐像 両手は奈良時代

 日高川町鐘巻、 道成寺所蔵の南北朝時代の制作とされていた「木造釈迦如来坐像」 が、実は本体は鎌倉時代(12~14世紀)、両手首だけが奈良時代 (8世紀) の制作だったことが分かった。 公益財団法人県文化財センターが調査し、 20日に発表した。 木の年輪幅から年代を調べる 「年輪年代測定」 でヒノキ製の両手首を測定した結果判明。手だけが約600年も遡る驚きの調査結果となった。
 釈迦如来坐像は県指定文化財で、 大きさは2・26㍍。 宝仏殿に安置されており、 手や腕などははめ込む構造になっている。 調査は、 年輪年代測定の第一人者で奈良文化財研究所の光谷拓実客員研究員に同センターが依頼。 両手を測定したところ、 左手首が721年以降、 右手首が722年以降に伐採された同じヒノキ材で作られていたことが判明。 本体も南北朝ではなく鎌倉時代の制作であることが分かった。 この結果を受けて、 仏像に詳しい大阪経済大学の長田寛康教授が手首の造形や制作様式・技法を調べた結果、 年輪年代測定同様に奈良時代制作との見解を出した。
 寺には釈迦如来坐像についている両手とは別に、 展示ケースにもう一組の両手を保管。 予備と考えられていたが、 年輪年代測定で鎌倉時代の制作ということも分かった。 このことから、 展示ケースの両手がもともと釈迦如来坐像についていた手と判明した。
 専門家らは奈良時代制作の両手は、 すでにこの頃から存在していた釈迦如来坐像のものであると指摘。 鎌倉時代に釈迦如来坐像を新たに制作し、 南北朝時代の道成寺大改修の際に古い両手が見つかり、 取り換えたのではないかと推測している。 なぜ奈良時代の釈迦如来坐像は本体がなくなり、 両手だけが残ったのかは謎だが、 「本体より手首が古いという話は聞いたことがない。 寺創建当初の元の仏像のものを残したい、 伝統を後世に伝えたいとの思いがあったのではないか」 と推測している。 小野俊成住職は「新たな寺の一面を明らかにしていただき、 ありがたい限り。 創建当初の仏像の一部だったことがわかり、 とてもうれしく感激しています」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る