「さば読み」に注意

 バラエティー番組の街頭インタビューで「さばを読む」についての実験を行っていた。男女別にそれぞれ質問。身体的なことでは男性は実際の身長より数センチ高く、女性はバストのサイズを大きく言ったりする。これまで交際した人数では実体験より男性は多く、女性は少なく回答するという結果が出ていた。身体的な質問には見栄を張る気持ちが持ち上がってくるのは当然だろう。交際人数では周囲の人、いまのパートナーにどう思われるかなどの思惑も絡まり、自分はモテる、まじめでウブと見せたいといったところか。
 「さばを読む」。辞書やインターネットで調べてみると、「自分の都合のいいように数をごまかすこと」と記されている。語源は諸説あるが、一番もっともらしいと思われるのは「サバは傷みやすく数も多かったから早口で数えられ、実際の数と合わない」。それが転じて現在の意味になった。江戸時代から使われているという。
 グラビアアイドルが年齢をごまかした時などによく使われる言葉だが、身近なところにもないか。高速道路や空港、港、公共施設の利用者、それに年金制度の基になる資料等々。施設を建設するためにごまかしたり、つじつま合わせで操作された数字があふれかえっていると思われる。一般人の身長や交際人数、年齢などはほぼ実害がないといっていいだろうが、公の仕事は違う。後世への被害も大きく、いまの世の中、「さば読み」の代償は計り知れないほど高くついている。
 「近いうち」の総選挙は、ついに来月に行われる見通し。各政党のマニフェストにさば読みはないか、しっかり目を光らせなければまた同じことの繰り返しになってしまう。注意を払いたい。      (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る