ウメ輪紋ウイルスに産地の英知を

 12年前の平成12年、みなべ町では梅の生育不良がピークだった。この年には町内で6万8000本が確認され、梅農家にとっては死活問題として大きくクローズアップ。県や大学などの研究機関が土壌、大気、病気などについて調査したが、はっきりした原因究明には至らなかった。ところがその後、理由は分からないが発生本数は下降傾向。ことしは当時の10分の1以下の6232本までに減少した。「特効薬」を見つけることはできていないが、「天は自ら助くる者を助く」ということわざもあるように産地の努力が好転につながったのかもしれない。
 ところが、近年梅農家を脅かす新しい問題が発生している。梅やスモモなどに被害を与えるウメ輪紋ウイルス(プラムボックスウイルス)だ。農林水産省がことしに行った調査では全国7都府県27市町区で見つかった。近くでは大阪府泉佐野市でも確認され、対岸の火事とは言えない状況だ。潜伏期間は3年程度と言われ、発病すると成熟前に梅の果実が落下するなどの被害があるという。いまのところ県内での発生は確認されていないが、もしこれが蔓延すると取り返しのつかない大きな被害となる。現状では有効な対策は見つかっておらず、発生すると伐採しか方法はないという。
 梅は地域の基幹産業。しかし、いつの時も多かれ少なかれ何らかの問題はある。それは梅に限ったことではなく、他の分野でも同じだろう。苦難に直面した時、いつもいわれるのが英知の結集。今回のウメ輪紋ウイルスでも関係者の努力で感染を未然に防ぎ、産地の梅を守り切っていくことを信じたい。      (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る