県高校ホッケー 紀央館女子が2連覇

 県高校ホッケー新人大会が9日から11日までの3日間、日高町のマツゲンスポーツグラウンドで開かれ、女子の部で紀央館が見事2年連続4回目の優勝。12月22、23の両日に同所である全国高校選抜大会近畿地区予選への出場を決めた。女子の部は4チームのリーグ戦。紀央館は田辺と勝ち点7で並んだものの爆発的な攻撃力が光り、得失点差で上回って連覇を決めた。
 紀央館女子は初戦で和歌山商を5―0で破り、2戦目は田辺と1―1で引き分け。最終戦は箕島に7―0で快勝した。得失点差はプラス12となり、田辺のプラス7を上回った。
 初戦は堂岡、白井、佐、磯嵜、杉浦が次々とゴールを決め、GK・成川やDF・杉浦の守備も冴えた。2戦目は後半10分、セットプレーから磯嵜が押し込んでリード。試合終了残り2分で追いつかれたが逆転は許さず、引き分けに持ち込んだ。最終戦は得失点差の勝負をにらんでMF・佐をFWで起用する攻撃的な戦術が奏功。佐と白井がハットトリックと大活躍し、山本もゴールを奪ってベンチの期待通りに大量点をマークした。
 紀央館女子はこれで昨年の新人大会から公式戦4大会連続優勝。喜多英登監督は「選手たちもプレッシャーはあったと思うが、1週間前の滋賀県遠征で強豪といい試合ができて自信を持って大会に臨むことができた。全員がよくまとまり、全員で優勝を勝ち取ってくれました」と喜びいっぱい。近畿大会では2府3県(兵庫は不参加の見通し)の5チームのうち、上位3チームに入れば来春の全国選抜大会出場(6年ぶり2回目)が決まる。「近畿のレベルは高く、強豪ぞろい。しっかり粘りのディフェンスをし、少ないチャンスを生かして食らいついていきたい。地の利も生かして頑張りたい」と抱負を語っていた。
 男子の部も4チームがリーグ戦で激突。地元勢では紀央館が海南・耐久に1―0で勝利したが、箕島に0―14、田辺に0―6で敗れ、1勝2敗の3位となった。男女とも優勝チームが全国選抜近畿予選に進出する。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る