加害者にならないために

 「解剖を終えて戻ってきた圭司の体は氷のように冷たくなっていた」「自分たちの手は温かい、それが生きているということ」。先日、紀央館高校で開かれた、おかやま犯罪被害者サポートファミリーズの市原千代子さんの講演には胸を打たれた。集団暴行事件で息子を亡くした母の辛さ、やるせなさがひしひしと伝わり、子を持つ親の一人として胸に突き刺さった。朝元気だった最愛の息子が突然息を引き取る、この悲しみは想像もできない。もし自分が同じ立場だったらと思うと、冷静ではいられない。
 印象に残っているのは、「被害者になることは避けられないかもしれないが、加害者になることは避けられる」という言葉。人に暴力を振るったり、車のハンドルを握って事故を起こす、これは自分の心がけ一つで防ぐことができる。事件の被害者であるからこそ、加害者になってほしくない、そんな思いが詰まった言葉だと感じると同時に、自分も気をつけなければとの思いを強くした。交通事故は起こそうと思って運転している人はいないが、結果的に加害者になることがある。そんな危険が常に隣り合わせにある、運転者としての責任をあらためて自覚させられた。
 いじめによる自殺が社会問題となっているいま、自分の命、他人の命の尊さを考える機会を与えてくれた講演だった。高校生の心にも響いたことだろう。何気ない言葉が知らないうちに他人をキズつける。人を思いやる気持ちを忘れたとき、人は加害者になってしまう。自分がされて嫌なことは人にしない、いまこそ原点に戻る必要があることを感じさせられた。自分が加害者にならないために、市原さんの教えを胸に刻もう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る