東京でみなべの梅をPR

 梅農家の若手後継者で結成するみなべ梅郷クラブ(山本宗一郎会長)は、10・11日の2日間にわたって東京日比谷公園で催された第51回農林水産祭「実りフェスティバル」(農林水産省等主催)に参加。メンバーら6人が上京し、首都圏にみなべの梅をPRした。会場では白干し梅の試食や販売を行い、山本会長は「消費者の生の声に触れることができた」と話している。
 旧南部川村当時の昭和50年から毎年、 「若手の生産者に流通や販売についても知識を深めてもらいたい」 と研修の場として参加している。 ことしもクラブ員が用意した白干しの梅干しを、 メンバーらが先月31日にうめ21研究センターでパック詰めにした。 使用した梅干しは約120㌔で、 5㌔、 1㌔、 500㌘、 270㌘の4種類177パックを仕上げた。
 会場のブースでは販売だけでなく来場者に試食も提供。 中には毎年訪れて購入するというリピーターもおり、 全商品が2日間で完売した。 ことしは同公園で子ども向けのイベントが行われていたこともあって家族連れが多く、 幅広い世代にアピールできた。
 山本会長は 「試食してもらった時には消費者の表情を近くで見ることができたし、 子どもが梅干しを食べて 『おいしい』 と言ってくれたのは何よりうれしかった」 と感想を話している。 会場では来場者を対象に、 梅の消費に関するアンケート調査も実施。 近く結果をまとめ、 今後の参考資料として活用する。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったよりむずかしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る