この国の未来のために

 ことしは国際社会の転換の年、最大の注目のアメリカ大統領選はオバマ氏が勝利した。隣の大国中国は、トップの座が胡錦濤総書記から習近平国家副主席にかわる見通し。国内は解散が年内なのか、年明けなのか、まるでマジック点灯の首位巨人をいじめる最下位横浜、民主党の悪あがきのような事態が続いている。
 共産党幹部が「国民のモラル崩壊の危機は、一人っ子政策に原因がある」という中国。社会、国民のモラルを問う前に、一党独裁体制そのものに、国家としてのモラルを自問してもらいたいが、今回、胡錦濤総書記はあらためて、海洋国家として海上の資源、権益を守るとの政治姿勢を鮮明にした。日本への挑発である。   「お友達の嫌がることはしない」と、友達関係と外交を同列に置き、「日本列島は日本人だけの所有物ではない」とのたまう政治家が首相になる日本。戦後60年以上もたってなお、謝罪を繰り返し、他国の領土を不法に占拠する中国、韓国に「過去を反省せよ」といわれながら、政治家が反論どころか逆にすり寄る異様さに国民は目を醒まさねばならない。
 軍事、経済、さらに勝手な理屈で強引な外交を展開する中国、韓国、ロシアに、日本が対抗できるのは経済だけ。「(軍事的に)弱い国は侵略される」という世界の歴史をみても、過去に学んで軍事力を強化、経済力も急成長の中国と日本の立場は、戦前と完全に逆転している。
 世はまさに、黒船の砲艦に震え上がった幕末。「政治家は国民の鏡」という言葉があり、国民が優れていれば政治にも優秀な指導者が生まれる。中央集権の官僚内閣制を壊し、多様な分権社会へ、地方自治をつくりなおすことが未来につながる。         (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る