心のバリアフリーを

 こんな透明感のある高音の美しい歌声をライブで聴いたのは初めてかもしれない。先日、市人権講演会で講師を務めた盲目のチャレンジャー立木早絵さん(19)=那智勝浦町出身=のピアノの弾き語りである。2歳のときにウイルスが網膜に入り失明したが、水泳や野球、自転車などスポーツ万能少女として活躍。最近は24時間テレビでの津軽海峡水泳やキリマンジャロ登山で一躍有名になっている。そんな立木さんの次のチャレンジは歌で自分の思いを伝えること。作詞、作曲も自ら手がけこの日は「夢に向かって」「感謝」などのオリジナル曲を披露したわけだが、その多才ぶりに感心、感動させられた。
 講演では「よく周囲の人から『普通の人でも大変なのに頑張ったね』といわれます。でも『普通』と『普通じゃない』というのは何なのでしょうか。だれでも苦手なことやハンデがあり、1人では全てできません。私もそうで家族や友達、人生の先輩らのおかげでいまがあります。『普通』と『普通じゃない』という言葉の中に、心の壁があるように感じます」と話していたのが印象的だった。
 多分、「普通」という言葉を使った人は、「普通に目が見える人でも大変なのに」というほめ言葉だと思うが、言われてみれば意識していないうちに障害者に対して心の壁をつくっているのかもしれない。確かに社会の中で生きていくには、それぞれみんな得手、不得手があり、不得手な部分はハンデだと言える。それは目が見えない人や足が不自由な人と、ハンデがあるという意味では同じ。みんなハンデがあり、みんな普通なのだと思う。立木さんも言っていた「心のバリアフリー」の大切さを再認識させられた。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る