全日本高校模擬国連 日高の平尾・玉置組が出場

 全国の学生が国連加盟各国の大使となって国際課題の解決に向けて討議する第6回全日本高校模擬国連大会(10、11日に東京都渋谷区)に、日高高校総合科学科2年の平尾静さんと玉置真帆さんのチームが昨年に続き出場する。担当する国の国益を考慮しつつ、英語で討議する難易度の高い大会。灘やラ・サール、開成など日本有数の私立進学校がひしめく中、1次選考を突破し連続出場を決めた。優秀チームはニューヨークで開かれる国際大会に出場でき、2人の活躍が期待されている。
 模擬国連とは、 2人1チームで国連加盟国の大使になりきって、 世界が直面する課題について討議し、 国連の手続き規制を駆使して解決を目指す教育プログラム。 1次選考はエッセイで、 全国27都道府県97校137チームが参加。 「気候変動」 「テロリズム」 「難民問題」 「HIV/AIDS」 「食糧問題」 の5つの国際問題から1つを選択し、 日本大使の立場から解決策を提案するとともに、 反対する国の大使の立場になって反論を提案。 日高の2人は 「HIV/AIDS」 について論じ、 評価された。
 全日本高校模擬国連大会には43校52チームが出場。 約8割が私立で有名進学校も多数。 討議テーマは 「核軍縮」 で、 各チームに国が振り分けられ、 日高の2人は 「日本」 を担当する。 2人は昨年、 国際大会に進める最優秀・優秀には選ばれなかったが、 4番目となる 「会議監督特別賞」 を受賞。今大会に向けては 「『日本』 の立場から核廃絶を主張していくため、 日本だけでなく他国の核軍縮の政策やどんな条約に署名しているかなど、 できる限りリサーチしています」 と準備万端。 「昨年の課題を踏まえ、 2人の役割を決めて、 積極的に動いて他国と交渉していきたい。 特に超大国のアメリカを廃絶決議に引き込みたい」 と話し、 「目標は最優秀賞です」 と意気込んでいる。
 全日本大会で最優秀、 優秀チームに選ばれた5チームは、 来年5月に米国ニューヨーク国際連合本部で開かれる米国国連協会主催の2013年高校模擬国連国際大会に日本代表として出場。 米国、 カナダ、 メキシコ、 イギリス、 スペイン、 インドなど20カ国以上の代表1000チームが自国以外の大使となって、 国連本会議さながらに討議を行う。

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る