犯罪被害者遺族の市原さんが紀央館高校で講演

 犯罪被害者遺族が講師を務める「命の大切さを学ぶ教室」(県警など主催) が7日、市内の紀央館高校で開かれ、おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ理事の市原千代子さん(58)が講演した。
 市原さんは平成11年、同級生ら少年3人から集団暴行を受けて二男・圭司さん(当時18歳)を亡くしており、6年前からは「子どもたちを被害者にも加害者にもしないために」と全国で講演活動を展開している。
 生徒ら約600人を前に、市原さんは圭司さんの遺影をかかげ、生まれたときから事件に遭うまでの18年間を紹介。「息を引き取った病院ではまだぬくもりが残っていたが、司法解剖を終えた体は氷のように冷たくなっていた」と話し、生徒に「皆さん手を合わせてください。握ったり握り返したりできるし、温かいでしょ。それが生きているということ」と命の大切さを強調した。「この手は好きな人と手をつなぎ、結婚して次の命につながっていきます。でも、暴力を振るうこともできる手なんです」と同じ手が命を育むことも、奪うこともできるとし、「気をつけることで、加害者になることは避けられる」と声を大にした。
 事件の影響などから長女がいじめに遭い、立ち直るまで長い時間がかかったことにも触れ、「何気なくしていることが相手にとってはいじめと感じることがあることを理解して」と語りかけ、「生きることはつらく、苦しく、悲しいと思うことがたくさんあるが、生きてさえいれば必ずうれしいこと、楽しいことがあります。どうか生きて生きて生き抜いてください」と呼びかけた。
 3年生の畑貴之君は「自分や家族、友人の命について考え、大切にしようと思いました」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る