酒ノーの山里の風流な祭り

 日高川町寒川神社で3日、寒川祭が行われ、日高地方の秋祭りのラストを飾った。
 ことしの秋祭りは、プライベートでは美浜町御﨑神社の和田祭に参加。悪天候で四十数年ぶりに本祭りが中止となり、神事と社務所内での舞獅子だけとなった。天候が回復した午後からは組で四ツ太鼓と屋台で区内を練り歩き、時間に追われることなくのどかなひととき。珍しい社務所での獅子舞も見ることができ、中止は残念だったが、こんな祭りもいいものだと感じた。
 仕事では寒川を含め、日高川町内6神社で取材。寒川祭は、4人立ちの獅子舞が見どころ。王仁(おに)、和仁(わに)らとともに剣の舞、鈴神楽、道中神楽、長老の舞、長刀の舞など披露した。道中神楽は機嫌を損ねて歩くのを嫌がる獅子を王仁、和仁が、さまざまな演技で誘導。長老の舞では王仁、和仁が鉾を十文字に組んで伏した獅子を起こし、長刀の舞では児童が長刀を振ると獅子はびっくりして飛び起きた。剣の舞は魔払い、鈴神楽は神慮を慰め和らげ奉る意がある。お戻り後にはお多福が登場し、滑稽でセクシーな姿で獅子に隠れたり現れたり。ことしは神社始まって以来、女性が大太鼓を務めたほか、お多福が獅子頭をつかむというサプライズもあり、多くの見物人を魅了した。
 祭りは、江戸時代に関東の浪人医師、岡本橋順が伝えたとされ、神楽の諸演技と曲は壮重典雅。規律も厳しく、酒気を帯びない祭りとして知られる。四ツ太鼓や屋台が勇ましく練ったり、若衆が力強いパフォーマンスを見せるわけでもない。禁酒が物語るように厳正で、とても風流。のどかな山里の何とも言えない祭り。見たことのない人は、一度ご覧いただきたい。     (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る