和高専がロボコン7年連続全国へ

 高等専門学校連合会、 NHKなど主催の 「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2012」 近畿地区大会が4日に奈良県大和郡山市の総合公園施設で開かれ、 和高専Aが見事優勝。 7年連続14回目となる全国大会 (今月25日に東京両国国技館) 出場を決めた。
 ことしの競技課題は 「ベスト・ペット」 で、 5×9㍍のフィールド上に散らばったボールを人が回収し、 ロボットが9つのゴールに入れていく。 試合は対戦形式で行われ、 最初に相手チームのボールをブレイクしいかに散らばらせるか、 ことしからコントローラーがなくなりセンサーのみで動くロボットをいかにうまく誘導できるかがポイント。
 地区大会には7校14チームが出場し、 トーナメントで熱戦。 和高専Aは熊野神社のシンボルの 「八咫烏 (やたがらす)」 に 「やたら」 の言葉を交ぜてつくった 「八咫等烏 (やたらがらす)」 と名付けたロボットで挑戦。 初戦で奈良高専A、 2回戦で大阪府大高専A、 準決勝で近畿大学高専A、 決勝で奈良高専Bと対戦。 初戦から37秒、 1分4秒、 45秒、 34秒のタイムで勝利した。
 全国大会には地区大会を勝ち抜いてきた強豪校が出場し、 トーナメントで熱戦。 和高専は最近6回の全国大会では1回目、 2回目が準優勝、 3回目、 4回目がベスト8、 5回目が準優勝、 6回目の昨年はベスト8。 試合は地区大会と同様のルールで行われ、 和高専の最速タイム34秒は8つの地区大会の中でも熊本高専の29秒に続いて2番目に速い。 練習では26秒を出したこともあり、 十分優勝圏内に入っている。
 キャプテンの宮口拓己君は「ロボットがゴールに向けてボールを放つときのコントロールにばらつきがあったので、 全国大会までに改良を加えて、 初の優勝を目指したい」 と意気込んでいる。 メンバーは次の7人。
 宮口拓己 (中津中出身)、 寺嶋瑞仁 (湯浅中)、 落合将也 (明和中)、 秋山宗之 (高野山中)、 天津悟 (松洋中)、 佐藤翔馬 (中津中)、田中一平(大成中)、藤枝照晶(楠見中)

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る