みなべ西岩代地区が災害用井戸確保へ

 災害時の飲み水を確保しようと、 みなべ町西岩代地区は各家庭の井戸39カ所で水質検査を実施。 20カ所の井戸水が飲料水として使用できることが分かった。 今後、 断水時に区民が共同で活用する。 岩代地区の水道管パイプは海岸沿いを通っていることから大津波で断水する可能性が高く、 住民らは 「万一の時は、 水がまず必要になる。 南海トラフの大地震に備えたい」 と話している。
 平成16年の中越地震で梅の郷救助隊員が復旧ボランティアとして出動した際、 「大災害ではまず飲み水が必要」 ということを実感。 隊員で元消防団の駒木弘さん (60) ら有志が 「各家庭にある井戸水を活用できないか」 と取り組みを始めた。
 出動直後の16年に西岩代の戸仲地区で各家庭の協力を得て井戸11カ所で水質検査を行った時には、 2カ所が飲み水として使用できることが分かった。 ことしになってから自主防災が中心となり、 前回調査分も含めた西岩代の127世帯を対象に井戸の有無などを問うアンケート調査を実施。 66世帯が井戸を持っており、 そのうち水質調査を希望する39カ所で実施した結果、 20カ所が飲み水として活用できることが分かった。 調査費用は県の 「ふるさと雇用特別基金活用事業」 を利用し、 個人負担はなかった。
 駒木さんは 「岩代地区の水道管は千里の浜を通っており、 津波の時には断水する危険性が高い。 南海トラフの巨大地震の発生が懸念されている今、 避難生活で重要な飲み水は今のうちに確保しておきたい。 今後も飲み水として利用できる井戸を増やしていければと思っている」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったよりむずかしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る