美浜町政懇談会がスタート

 美浜町は5日夜、三尾地区で町政懇談会を開き、 森下誠史町長が区民ら約30人とまちづくりに関して意見を交換。 全県的に巨大地震の津波に対する不安が高まるなか、 住民からは区内の避難路や避難場所の安全等に関する意見、要望が相次いだ。
 森下町長と上田収司副町長のほか、 防災企画、 総務政策、 上下水道など各課長が出席。 住民からは区内で災害時の断水に備えた井戸の整備、 小三尾地内の高台にある上水タンクの耐震診断とタンク倒壊時の被害想定、 一時避難場所への食料や医薬品の備蓄などを求める声があり、 森下町長は 「井戸は町内全地区で数カ所ずつの整備を目指し、 三尾でも近く水質検査を実施する。 避難場所への備蓄は住民の方にも非常用持ち出し袋の準備をお願いし、 行政としても検討したい」 などと答えた。 タンクの耐震診断と被害想定については、 担当課長が 「平成12年の完成時の地質、 ボーリング調査等では、 当時の耐震基準をクリアしている。 倒壊時の水の流れる方向などの被害想定は難しい」 と答えた。
 県外から移住してきた男性は、 三尾でも進んでいる過疎化と耕作放棄地の増加を食い止めるため、 「日高川町の中津地区のように、 就農希望者やIターンを受け入れるための空き家バンク等の制度づくり、 PRにもっと力を入れてもらいたい」 と要望。 また、 高齢者の女性からは御坊市内のかかりつけ診療所へ通うための路線バスに関して、 「朝の運行時間をもっと早くしてもらわないと、 (診療所へ) 着いたときには診察室が (順番待ちの人で) いっぱいになってる…」 という声もあった。
 懇談会は今月中に5回、 次回は7日午後7時から中央公民館で、 本ノ脇・和田西・和田西中地区の住民を対象に開催 (他地区の人も参加できる) する。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る