開かれた学校づくりへ

 親にとって最も分かりづらいのが子どもの学校生活。朝から夕方までどんな風に過ごしているのだろうかと気になる。子どもに「友達と仲良くしているのか」「勉強は分かるか」などと尋ねてみても、返って来るのは気の抜けたような返事。親にはさっぱり理解できない。
 近年、 家庭や地域社会と連携・協力する 「開かれた学校づくり」 がいわれている。 しかし、 子どもがいじめを受けていても最後まで親が知らないという場合もある。 これでは 「開かれた学校」 とは言えず、 まずは学校の敷居を低くすることから始める必要がある。 気軽に出入りできるような環境にすることが重要だ。
 本年度の優良PTA文部科学大臣表彰に選ばれた南部小学校PTAの活動にそのヒントがあるのかもしれない。 同PTAの活動拠点は、 昨年度に2号棟の空き教室を利用してつくった 「PTAボランティアルーム」。 鍵はPTAが常に所持し、 自由に来校して利用できる。 児童とふれあう機会も設け、 PTAが主体となって読み聞かせなどを展開している。 中心となってPTA活動を行ってきた西端俊彦さんは 「親や地域が子どもと関わりながら楽しく活動することを心がけている」 という。
 保護者も運動会や発表会など何か理由があれば学校に行くことができる。 要するに学校に行く大義名分が必要で、 それをつくるのがPTAや学校の役目ではないだろうか。
 今月は学校開放月間。 各小中学校などでは保護者らが来校しやすいような取り組みを計画している。 まずはこの機会に学校に足を運び、 子どもたちの授業の様子を見学してみてはどうだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る