全国高校駅伝県予選 日高は男女とも2位

 第63回男子・第24回女子全国高校駅伝競走大会の県予選会が4日、日高川町田尻の日高川周辺コースで開かれ、日高地方勢では男女そろって優勝を目標に掲げた日高が男子、女子ともに健闘及ばず準優勝となった。日高男子は2区で一時トップに立ち、昨年の優勝タイムを上回る好記録をマークしたものの、やはり和歌山北の壁が厚く、5年ぶりのV奪還はならなかった。2年ぶりVゴールを目指した同女子は4区までリードを奪い、連覇を狙う笠田を追い詰めたが、アンカー勝負で逆転を許し、あと一歩及ばなかった。日高男女は全国切符(優勝校)を逃したが、近畿大会出場権は獲得した。
 男子17チーム(オープン3含む)、女子9チームが出場。旧川中第一小学校前を発着、中継点に熱戦を展開した。
 男子は7区間42・195㌔でたすきリレー。日高は1区・畑中がトップと2秒差で中継、流れをつくると、2区・高田が区間賞の快走で9秒のリードを奪って先頭に立った。3区・小山は粘りの走りを見せたが、和歌山北に逆転を許し、4区以降も必死にくい下がったものの、じりじりと引き離され、昨年の優勝タイムを3秒上回る健闘も実らなかった。1区の畑中大輝選手(3年)は「タイム差がない中でつなげられてよかったが、ラストにもう少し(スピードを)上げたかった」と悔しそうに話し、2区の高田大介選手(同)も「自分の役目は果たせたが、チームで全国へ行けなかったので悔しい」と唇をかんだ。主将でアンカーの山中一輝選手(同)は「みんな最後まであきらめずにやれた。来年こそリベンジを」と後輩たちに夢を託していた。
 女子は5区間21・0975㌔で争われ、日高は1区に配したエース・岡﨑千が後続に11秒差をつけて中継。2区・細峪も区間賞の素晴らしい走りで笠田との差を37秒に広げた。3区と4区の1年生2人もそれぞれ粘り強く後続の追い上げをしのいで先頭をキープしたが、アンカー勝負で16秒のリードを守れず、逆に52秒のタイム差をつけられた。1区で主将の岡﨑千佳選手(3年)は「都大路には行けないけど、みんな全力を出し切ってくれたので悔いはないです。来年はこの悔しさを晴らしてほしい」と涙ながらに話した。2区の細峪由麻選手(2年)は「(去年故障で思うような結果を残せなかった)悔しさを忘れずにやってきて少しは晴らせました。来年は絶対に都大路に行きたい」と一層の奮起を誓い、アンカーの岡﨑咲紀選手(同)も泣きじゃくりながら「みんなに申し訳ない思いでいっぱい。来年はこんなことにならないように頑張っていきたい」と打倒笠田を胸に刻み込んでいた。
 和歌山北は5年連続17回目、笠田は2年連続2回目の優勝。男女優勝校は12月23日に京都府で開かれる全国大会、同上位6校は今月25日に滋賀県である近畿大会に出場する。日高男女以外の地元勢は男子で和高専が13位、紀央館が14位。男女総合成績、地元勢の区間上位選手(男女とも全員日高)は次の通り。
 総合 男子①和歌山北2時間7分6秒②日高(畑中大輝、高田大介、小山祐平、堀秋善、野田一志、浜中啓輔、山中一輝)2時間10分4秒③桐蔭2時間15分33秒④田辺工⑤和歌山工⑥海南⑦田辺⑧熊野⑨星林⑩笠田⑪箕島⑫近大和歌山⑬和高専2時間38分14秒⑭紀央館2時間40分25秒▽女子①笠田1時間12分49秒②日高(岡﨑千佳、細峪由麻、桂有希、井戸本実央、岡﨑咲紀)1時間13分41秒②和歌山北1時間16分13秒④神島⑤桐蔭⑥和歌山商⑦海南⑧近大和歌山⑨海南下津
 区間成績 《男子》1区10・0㌔②畑中30分8秒▽2区3・0㌔①高田8分42秒▽3区8・1075㌔②小山24分54秒▽4区8・0875㌔②堀25分22秒▽5区3・0㌔②野田9分13秒▽6区5・0㌔③浜中15分59秒▽7区5・0㌔②山中15分46秒《女子》1区6・0㌔①岡﨑千20分15秒▽2区4・0975㌔①細峪13分46秒▽3区3・0㌔②桂10分31秒▽4区3・0㌔②井戸本10分35秒▽5区5・0㌔③岡﨑18分34秒
湯川高校駅伝日高男子.jpg
湯川高校駅伝日高女子.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る