清川小の取り組み広がれ

 みなべ町の清川小学校では、児童たちが自分たちで地域の防災マップを作っている。一人一人が自宅周辺のゼンリン地図を持ち帰り、避難場所の位置や過去に冠水した道路、がけ崩れの危険がありそうな場所を、家族で話し合っている点が素晴らしい。家族が一緒にいるときより、バラバラになっているときに地震がくる確率の方が高いだろう。もしものときは親の指示がなくても子どもが自分で判断して安全な場所に避難する。この力を養うことは、今後絶対に必要な教育だ。
 子どもたちが登下校時、一人でどこを歩いていても避難できるようにと、玉置敏与校長が発案した。地図をもとに実際に保護者と一緒に歩き、避難場所や危険個所を見て回るという。地域の自主防災会の協力で、一人暮らしのお年寄り宅も訪問し、悩みごとの聞き取り調査も実施することにしている。清川地区は昨年9月の台風12号で大規模崩土が発生し、一時孤立した。教訓を生かそうとする地域ぐるみの活動は、将来、必ず成果を出すだろう。まさに防災のモデル地域といえる。地区が大きくなると難しくなる部分もあるが、日高地方の海岸沿いの学校区でもぜひ取り組んでもらいたい。
 子どもに対する防災教育は、何も目先の安全だけが目的ではない。将来、地域の防災リーダーを育てるという意味でも重要だ。南海地震等の巨大地震は近い将来の発生がいわれだしてもう数年たつ。その時が刻一刻と近づいていることは確か。清川小の取り組みは、どこの学校でも実践できること。話を聞くだけではなく、とにかく自分たちで学び、体験することが重要。いますぐできることは、何でも実践していこう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る