春高バレー県大会 日高男子がベスト4

 「春の高校バレー」として親しまれている全日本バレーボール高校選手権大会の県大会は、27日から29日まで紀北工業など4会場で開かれ、男子で日高が2年連続ベスト4と健闘した。
 男子20チーム、女子27チームが来年1月の全国大会出場(いずれも優勝)をかけて争った。日高男子はシードのため決勝トーナメントから出場。1回戦で熊野をストレートで下すと、準々決勝は紀北工業にフルセットの末に勝利。準決勝で開智にストレートで敗れたが、エース・大前選手の攻撃を中心にチーム一丸となった戦いぶりが光った。大前雅矢主将は「チーム状態が万全でなく、厳しい戦いになると思ったが、みんなでベスト4をつかみ取りました。次の新人戦では準優勝を目指したい」と笑顔。鈴木良朋監督は「試合に出た選手も出ていない選手もみんなやるべきことをやってくれました」と選手をたたえ、「新人戦が楽しみです」と期待を寄せた。
 このほか、地元勢は男子で和高専、女子で日高、南部、和高専、紀央館(星林との合同チーム、オープン参加のため予選のみ)が出場。日高女子、南部女子がベスト8となった。地元勢の結果と日高男子メンバーは次の通り。
 結果〈男子〉予選=和高専2―1市和歌山▽1回戦=笠田2―0和高専〈女子〉予選=日高2―1和歌山北、那賀2―0南部、南部2―0有田中央、向陽2―0和高専、和高専2―0貴志川、和歌山商2―0星林・紀央館、星林・紀央館2―1桐蔭▽1回戦=日高2―0串本古座、南部2―0新宮▽2回戦=日高2―0田辺、南部2―0向陽、熊野2―0和高専▽準々決勝=信愛女子短大付2―0日高、熊野2―0南部
 日高男子 鈴木良朋(監督)、大前雅矢(主将・2年)、佐藤光(3年)、高台周希、坂本潤哉、惣出和杜、向井碩哉(以上2年)、中島直登、奥村穣馬、井上卓哉、川口喬、久保田将揮(以上1年)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る